« 市議会レポー ト第18号 | トップページ | 地域における企業の役割 »

2012年8月30日 (木)

議員定数

昨日、磐田市議会の議会運営委員会が開催され、議案および議会日程が確認されました。9月定例会では、平成23年度(平成24年3月期)決算を承認(これを認定と言います)することが定例的に行われます。

株主総会は6月なのに9月決算は遅い!それでどうやって予算を組むのだ。というのが率直な市民の感想でしょう。私も同感です。…この件は、また別の機会に投げかけてみたいと思います。

Img今日は「議員定数」の話題です。昨日、現行30名の議員定数を26名にするという議案が、議員提案されました。私も提案者のひとりになっています。行政と議会は、三権分立という民主主義のルールでは、行政府と立法府と性格が違いますので、行政改革の一環で経費削減のため…ということではないと思います。
しかし、そうであったとしても、行政改革の動きに逆行すべきではありませんので、磐田市の議員定数26名という数字は、客観的にも妥当な範囲にあると思いますが、もし、違っているというご意見があればお願いしたいと思います。

とはいえ、近い将来には「立法府としての在り方」という本質的な議論が必要と思います。議会の「行政監視機能」「立法機能(政策立案機能)」「民意吸収機能」の3機能を、どうバランスよく高めていくか?ということになります。
これまでは「議員個々人による民意吸収機能と行政監視機能」は十分機能していたと考えます。しかし、中長期的なものの見方が必要な時代であり、地域主権が求められ、分配から選択が求められる状況を迎え、「議会組織による3機能強化」が不可欠となっています。

そうした現状と将来を考えたとき議会はどうあるべきか?が議会改革の視点と考えます。一般論として、昨今の首長が中心になった自治体運営にはスピード感はありますが、短期的でバランス感に欠けることが心配されます。住民の意見を議会が分析し深めて、行政と一緒に具体的な政策を創っていくようなプロセスを目指すべきと思います。その時、議会の形態はどうあるべきか…

時間は掛かると思いますが、住民自治の原点に返った議会改革を模索したいと思います。

|

« 市議会レポー ト第18号 | トップページ | 地域における企業の役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/55538918

この記事へのトラックバック一覧です: 議員定数:

« 市議会レポー ト第18号 | トップページ | 地域における企業の役割 »