« 社会的現実(ソーシャル・リアリティ) | トップページ | 組合役員と職場委員 »

2012年9月11日 (火)

通告制

今日は、9月議会における質疑の通告期限です。議案の疑義を解明するための質問を質疑と言います。なお、一般質問は「質問」となっていますが、現実的には意見表明的な性格を持っています。

9月議会で取り扱う議案に関する質疑をあらかじめ当局に文書で提出する…これが質疑通告です。今日は、その締切日ということになります。

本会議が形式的なのは、この通告制がひとつの原因となっています。が、通告なしだと質疑に答えられなかったり、かみ合わなかったりすることも考えられ、なかなか難しい問題です。

一方、委員会は通告なし、ほぼ一問一答でやりとりを行います。議案の審査がどのように行われているかの実態は、委員会を観ていただく方が良いかと思います。

委員会はインターネット配信が出来ていませんが、公開されていますので議会事務局で受付をすれば傍聴できます。

是非、本会議も委員会も傍聴していただき、議会の実態を知り問題点を指摘いただくことで、より開かれた活気のある議会づくりの後押しをお願いしたいと思います。

|

« 社会的現実(ソーシャル・リアリティ) | トップページ | 組合役員と職場委員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/55629477

この記事へのトラックバック一覧です: 通告制:

« 社会的現実(ソーシャル・リアリティ) | トップページ | 組合役員と職場委員 »