« 子どもたちに人形劇を贈る | トップページ | 高齢者宅の交通安全呼びかけ運動 »

2012年10月10日 (水)

霧の仙丈ケ岳

10月7日、久しぶりに丸1日の休みが出来たので、なかなか行けなかった南アルプスに登ってきました。目的地は仙丈ケ岳、南アルプス市の芦安温泉というところに車を止め、バスを乗り継いで北沢峠まで向かいます。

北沢峠が標高約2,000mなので、3,030mの仙丈ケ岳には、比較的短時間で登れるようです。

朝一番5:10の乗合タクシーに間に合うように、1時に自宅を出発して、清水から国道52号線を北上しました。しかし、間もなく雨が降り出し、激しい雨の中、天気予報(明け方から雨が上がる)を信じて芦安に向かいます。4時過ぎに芦安に到着、しかし、駐車場はほぼ満車、昨日の夜から来て、車の中で仮眠をとっている人がほとんどのようです。

何とか駐車スペースを見つけ、準備をして乗合タクシーに乗車、周りの人と会話をすると、今年一番の混雑で、どうも山小屋は満員状態、1畳に3人という状況のようです。まあ、日帰りするか…、と思いながら登山口の北沢峠に向かいました。

Dscn0565_800x600

北沢峠、7時20分、登山開始です。いつか晴れると信じながら歩きますが、5合目を過ぎ、8合目の小仙丈ケ岳でもあたりは霧で真っ白、頂上手前で、少し青空がのぞき、周りから歓声が聞こえますが、頂上に着くと霧が濃くなってしまいました。
Dscn0575_800x600_2

しかし、神様は見放しませんでした、下山途中、ライチョウに巡り合い、また、一瞬霧が晴れ、一面の紅葉が顔を出しました。写真では今一ですが、実際の目で霧の向こうに見える紅葉は、別世界の感がありました。

あいにくの霧と雨のため、日帰りの強行となりましたが、新鮮な空気を体いっぱいに吸収し、下界に戻ることが出来た1日でした。Dscn0587_800x600

|

« 子どもたちに人形劇を贈る | トップページ | 高齢者宅の交通安全呼びかけ運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/55857837

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の仙丈ケ岳:

« 子どもたちに人形劇を贈る | トップページ | 高齢者宅の交通安全呼びかけ運動 »