« 公開討論会 | トップページ | いわた大祭り大名行列 »

2012年11月29日 (木)

日本の将来

私たちは分かり難いことを嫌います。昨日は、総選挙立候補予定者4人による公開討論会が開かれたので行ってきました。アミューズ豊田のゆやホールは、立ち見が出来るほど満員の状態でした。…主催者である青年会議所の関係者と思われる人たちを除くと、圧倒的に私より年上と思われる方々のようで、若干残念(若者が少ないことに)でしたが…

Photoエネルギー政策、経済政策、社会保障政策などを中心に、それぞれの考え方を述べ相互に質疑応答する形で進められました。選挙を意識してか、断定的な表現で、分かりやすい討論会だったように思います。

参加者それぞれに受け止め方は違うと思いますが、私の受け止めは、
経済政策では手段は若干異なっていてもデフレ対策・円安対策という方向性では一致していたと思います。地方分権をして、地方の裁量を増やす規制緩和を主張していた候補予定者がおり、これは共感できるものでした。
社会保障政策も、最低保障をしっかりするということでは一致、しかし、財源をどうするかではそれぞれの主張がありました。
エネルギー政策は、原発依存から新エネルギーへの転換では一致、ただし、そこへの到達するまでの道筋に違いがあります。

など…、以前にも思いを書きましたが、方向性が一緒であれば、みんなで知恵を絞ろうよ!と改めて思いました。手段の違いは、しっかり調査研究し良く話し合うことで接点が見いだせるはずです。

もちろん選挙は戦いです。小選挙区ですから勝者はひとり、しかし、結果が出た後は、相手側の意見も聞き、国民に見えるようにオープンな話し合いを通じて接点を見つけ、日本の将来を決定していって欲しいものです。理想論かも知れませんが、追求する価値はあると思います。

|

« 公開討論会 | トップページ | いわた大祭り大名行列 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/56214035

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の将来:

« 公開討論会 | トップページ | いわた大祭り大名行列 »