« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

仕事納め

年末になって慌ただしいせいか、投稿が滞ってしまいました…、年末と言えば、仕事納め、議会は25日に閉会、27日昨日はヤマハ発動機株式会社の仕事納め、今日は、市役所の仕事納めになります。

Dscn0912_800x600私の若いころは、仕事が終わると仲間と町に繰り出したものですが、最近は落ち着いた年末が多いようです。年末年始を家族とゆっくり過ごして、また来年頑張りましょう。Dscn0914_800x600

さて、ヤマハ発動機労使の仕事納め前の恒例行事が、安全祈願のもちつき大会です。工場ごとに、もちつきで1年間のお礼と来る年の安全を祈ります。会社全体では労災・交通災害ともに減少したようですが、安全は努力し続けないと守れませんので、こうしたイベントを通じて気持ちを合わせることは、良い習慣だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

車の進化

市内の交通事故が減りません。先週21日、磐田バイパスの岩井インター付近で深夜、2車線から1車線に変わる車線変更でガードに衝突し助手席の女性が亡くなるという事故があり、12月に入って2件目、今年は7件と昨年の5件に比べ激増してしまいました。まだ、年末まで1週間あるので、是非気を付けたいし、気を付けてほしいと思います。

20121222そんな折、新聞で特集記事を見つけました。自動で衝突回避できるシステムの開発が進んでいるというものです。既に導入されているモデルもあるようですが「障害物を自動感知して止まる」というものです。

高齢者の運転が増えていますし、自分自身もだんだん運動神経が衰えたと感じてきましたので、技術的に交通事故を防ぐ仕組みには期待大です。

が、コンピューター制御を過信しないよう、万が一のための保険と思って、安全運転と注意を怠らない努力の方が大切かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

総選挙が終わり…

総選挙の結果、予想はしていたものの残念です。選挙後の組合員、市民の感想を聞くと「投票したい政党がなかった…」が圧倒的でした。

政治不信は極めて深刻です。安倍総理を中心とした指導体制で少しでも信頼を取り戻す地に足のついた政治を進めてほしいと思います。民主党も維新の会もみんなの党も協力して、復興と泥沼に陥った経済の回復を進めて欲しいと願っています。
政治の信頼回復は、そんな運営の仕方に掛かっているのではないでしょうか。Dscn0873_800x600

さて、そんなことを考えながら、報告会や懇談会を行っています。市民の本音を聞きながら、地方から信頼を取り戻す努力をするのが、私たちの大きな役割かも知れません。まずは、行動していきたいと思います。Dscn0904_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

政治はだれのもの?その2

選挙運動をしていて、政治の道を歩いている自分自身が、本当にこれで良いのか?と思うことが多くなりました。

昨日、先輩議員から過去の地方政治と現在・これからの地方政治について、考え方を伺う機会がありました。その話を通じて、パイの配分が政治の役割であった時代は、間違いなく終わろうとし、しかし終わってはいないこと、地域や組織に利益をもたらさない政治家はいらないと思う気持ちは万人に共通のものでもあること、を感じました。

2012128そんな矛盾する考えを整理できないでいたところ、今朝の新聞記事で、少し明かりが見えたような気がしています。

「基本的には政治はローカルであるべき=ローカルで住民と議員が一緒に政策をつくっていくべき」「国会議員を地方と国とのパイプとは考えない」なんと含蓄のある言葉でしょうか。

最後に、「主体性を持って動くとともに、ある程度我慢する国民にならないといけない。結局、問われているのは僕らの覚悟です。」民主主義の基本を突きつけられるようなコメントです。

連呼、お願いが目立つ選挙運動ですが、最近は街頭演説も増えてきました。機会があれば、街頭演説や個人演説会に足を運び、直接候補者の話を聞き、また、政策や政見放送に耳を傾けて、支持を決める人が増えることを期待したいと思います。Photo

明日、12月8日13時30分からは、民主党の細野政調会長が掛川グランドホテルに小山候補の応援に来て、演説会が開かれます。支援の有無に関わらず、聴きに来ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

政治は誰のもの?

総選挙が公示され、政党乱立の選挙戦が始まりました。新聞報道によれば、半数以上の方が、誰をどの政党を支持するか決めていないようです。

政策や候補者の言動を知ってから、よく考えて投票したい。これは誰もが思うことですが、政策を知る…紙に書いた政策は、分かり難い上に、その後の実行が伴わない…ことは残念ながら民主党への政権交代はもとより、過去の政権時代も同様でした。
候補者を知る…これも一度演説を聞いたからと言って本質は分かりません。

良くわからないし、TVの討論会無責任、誰を入れても変わらないのでは?投票を棄権される方も多いのではないかと感じます。

しかし、政治は国民・住民のものであるはずです。選挙制度や選挙のやり方にも問題があると思いますが、まずは、一人ひとりが自分たちの行動で政治を国民に取り戻すことが大事ではないでしょうか?

その行動とは、ありきたりですが、
投票に必ず行く
家族や友人と政治や社会の問題について話し合う
政治の討論会や演説会に行く      …etc

と日頃から、社会やそれをマネジメントする政治について考えることが大事ではないでしょうか?政治家の端くれですが、私に苦情をぶつけていただくことも一計かも知れません。

本日、15時~掛川駅北口に野田首相が来られ演説される予定です。時間が取れる方、まずは、聞いてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

時代の移り変わり

昨日、サッカーのゴン中山選手が引退しました。Jリーグ発足当時を思い出し感慨深いものがありました。そして今朝、ヤマハ発動機の元社長江口秀人氏がお亡くなりになった記事を見ることになりました。

1988年、HY戦争後の経営立て直しのため社長に就任され、人を大切にという経営姿勢で、社員と接してこられた江口元社長でした。私が労働組合の役員になり、初めて出席した団体交渉で、「技術の皆さんは多忙と聞いていますが健康は大丈夫ですか?」と問いかけられたことを、今でも鮮明に覚えています。
その後、バブルが崩壊し企業経営は合理主義一辺倒になりました。仕事に厳しいことは大切ですが、働く人の気持ちを大切にする姿勢が軽視されてきたことは残念です。

バブル崩壊間もなく、Jリーグがスタートします。職場にはコストダウンの号令が響く中「社員に厳しくしてサッカーチームを持つとは経営は何を考えているんだ」とJリーグ経営は組合員からの反発も強く、江口さんが退任した後、当時の労使でずいぶん議論したことも記憶に新しいところです。

ゴン中山が、当時のTV番組に出演し、Jリーグ入りが遅れたジュビロに残る心境を語ったこともうれしい思い出です。残業時間に響くスタジアムの歓声は、社員にやる気を起こさせてくれ、次の日の朝刊が楽しみになりました。今では、サッカーチームを手放せという社員の声は聞こえないばかりか、地域の大切な財産になったと感じます。
それもこれも中山選手「ゴンちゃん」のおかげではないかと思います。

時代は変わりますが、江口元社長とゴン中山が残してくれた仕事に取り組む姿勢は、これからも永遠に変わらないものだと思います。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

後援会だより

後援会だよりを発行します。ご覧ください。
「kouenkaidayori_vol8buro.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

しずおか市町対抗駅伝

今日、第13回のしずおか市町対抗駅伝が開催されました。小学生から実業団までが市町別にたすきリレーをし、日頃の練習成果を競うものです。

Dscn0823_800x600静岡県庁前をスタートして、興津で折り返し、草薙競技場がゴールです。磐田市は、23市中10位と何とか上位を守りました。

磐田市では、スポーツのまちづくりを推進していることから議会で、スポーツ振興議員連盟を結成し、毎年応援に来ています。今年も横断幕の準備をし、みんなで応援しました。Dscn0837_800x600

また、昨年までは、スタートとゴールしか見ていなかったので、今年は、中継所の様子を観てきました。テレビで見る箱根駅伝などの様子とは規模が違いますが、それでも駅伝の雰囲気を満喫、また、知り合いのお子さんの写真も撮影できました。一生懸命スポーツする若者の姿は微笑ましいですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »