« 後援会だより | トップページ | 政治は誰のもの? »

2012年12月 5日 (水)

時代の移り変わり

昨日、サッカーのゴン中山選手が引退しました。Jリーグ発足当時を思い出し感慨深いものがありました。そして今朝、ヤマハ発動機の元社長江口秀人氏がお亡くなりになった記事を見ることになりました。

1988年、HY戦争後の経営立て直しのため社長に就任され、人を大切にという経営姿勢で、社員と接してこられた江口元社長でした。私が労働組合の役員になり、初めて出席した団体交渉で、「技術の皆さんは多忙と聞いていますが健康は大丈夫ですか?」と問いかけられたことを、今でも鮮明に覚えています。
その後、バブルが崩壊し企業経営は合理主義一辺倒になりました。仕事に厳しいことは大切ですが、働く人の気持ちを大切にする姿勢が軽視されてきたことは残念です。

バブル崩壊間もなく、Jリーグがスタートします。職場にはコストダウンの号令が響く中「社員に厳しくしてサッカーチームを持つとは経営は何を考えているんだ」とJリーグ経営は組合員からの反発も強く、江口さんが退任した後、当時の労使でずいぶん議論したことも記憶に新しいところです。

ゴン中山が、当時のTV番組に出演し、Jリーグ入りが遅れたジュビロに残る心境を語ったこともうれしい思い出です。残業時間に響くスタジアムの歓声は、社員にやる気を起こさせてくれ、次の日の朝刊が楽しみになりました。今では、サッカーチームを手放せという社員の声は聞こえないばかりか、地域の大切な財産になったと感じます。
それもこれも中山選手「ゴンちゃん」のおかげではないかと思います。

時代は変わりますが、江口元社長とゴン中山が残してくれた仕事に取り組む姿勢は、これからも永遠に変わらないものだと思います。本当にありがとうございました。

|

« 後援会だより | トップページ | 政治は誰のもの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/56255266

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の移り変わり:

« 後援会だより | トップページ | 政治は誰のもの? »