« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

自動車総連静岡地協新春ミーティング

大変に長い名前ですね。おそらく、新春に行われる最後の会合になると思いますが、ヤマハ発動機労組が所属する自動車総連の静岡県地域の会合が、静岡市内において、昨日行われました。

Dscn0971_800x736内容は、賀詞交歓ではなく、地方議員の活動報告会でした。労働組合では勤労者の社会的地位と福祉向上を目的に、組織内議員と言って、組合に籍を置く議員を擁立しています。私もその一人です。

裾野市、富士市、浜松市、湖西市に市議会議員が、静岡県議会にも4名の組織内議員がいます。なかなか会う機会が少ないため、年に一度ですが、いろいろな地域の議員活動や行政課題を聞くのも勉強になります。Dscn0973_800x600

また、民主党の榛葉参議院議員も途中参加して、中央政治の課題と「税金を払う側の立場に立った政治」の重要性について発言をされました。

本年は、4月までに磐田市を含めたいくつかの自治体の議員、首長選挙がある他、6月に知事選挙、7月に参議院議員選挙が予定されています。

多くの人が、政治に関心を持てるように、微力ながら、地域からも微風を吹かせたいと思いながら帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

元気に昼食会

一昨日、富士見町老人会の新年会にお招きをいただきました。皆さんお元気で、にぎやかな昼食会になりました。午後から、あいさつ回りの予定がありましたので、途中で失礼させていただきましたが、おそらく時間オーバーで盛り上がったのでは?と想像します。

Img_20130122_112925_600x800写真はハーモニカの演奏。昼食会の前には、総会があり、総会のアトラクションとして手品などが行われていましたが、今年はハーモニカ演奏を始めて行ったそうです。ハーモニカの演奏に合わせて、童謡や昔の流行歌を歌い、昔を懐かしんでいらっしゃいました。

子どもとお年寄りが一緒に暮らすコミュニティー、そういうまちづくりが求められていると思います。戦後の車社会一辺倒を卒業して、車と人と自然がうまく共生できるまちづくりを提唱できたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

宇宙エレベータ

Photo成層圏に打ち上げた飛行船と地上を結ぶエレベータを考えている大学のチームがあることを知りました。

ロケットを使って衛星を打ち上げることなく、空気層の影響がない宇宙観測が出来ると言います。大学の工学部で研究しているということなので、理論的には実現可能ということと思いますが、なかなか奇抜なアイデアです。

将来的には、太陽エネルギー基地や観光への利用など、夢が広がります。100年後なのかも知れませんが、高齢化の影響か夢を追うことが少なくなっている現代に、わくわくする話ではないでしょうか?

1月29日(火)午後1時15分から


 磐田市のアミューズ豊田でセミナーが開かれます。詳しく聞いてこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

市議会レポート 第20号

市議会レポート 第20号を発行します⇒「shigikaireport_vol20.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

全国高校女子サッカー選手権

昨日から、磐田市において、高校女子サッカー選手権大会が開催されています。国立競技場で行われている男子の高校サッカー選手権とは比べられませんが、応援も毎年増え、知名度も上がってきました。

が、しかし、今年はジュビロスタジアム改装中のため、メイン会場はゆめりあとなり、やや残念感は拭えません。また、市民を巻き込んだ盛り上げなども今一という声も聞かれることから、課題も多いのが実態と感じます。

Dscn0948_800x600とはいうものの、なでしこのおかげで、レベルもあがり見応えがあります。地元磐田東も、がんばっています…が、1回戦第一試合が日本代表のFW道上選手を擁する常盤木高校ということで、7-0と圧倒されてしまいました。それでも、中盤の競り合いやフリーキックからの攻めなどを観ると、昨年からは格段の成長をしているように思います。来年また頑張ってほしいと思います。Dscn0955_800x600

今日、常葉橘が負けてしまったため、県勢は藤枝順心のみとなってしまいました。明日、14日の10時30分から、常盤木と準々決勝です。優勝候補同士で面白い試合になるとおもいます。

多くの人に見てもらい、気になるところはどんどん指摘してもらって、すばらしい大会に育てたいですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

連合静岡推薦議員団会議

1月9日、連合静岡の推薦議員団会議がありました。連合が推薦する国会議員・地方議員の連帯の場、勉強の場です。

Dscn0937_800x600今年は、1月から4月にかけて市町の選挙が続き、夏には知事選挙・参議院選挙があり、政治的には大変重要な年です。会議では、川勝知事が教育改革として専門学校の重要性について話をされ、続いて民主党県連会長に就任した榛葉参議院議員が、労働組合の無い中小企業の労働者の実情と、そうした汗を流し働いて税金を払っている側の立場に立った政治を目指すことをあらためて表明しました。Dscn0938_800x600

民主党は大きく議席を減らしました。その理由は、マニュフェストと実際の政策の違い、政権運営の稚拙さ、政党としての組織運営などと言われています。連合は、榛葉議員の話のように「税金を払う側」の視点から政治システムを見直すことを期待して、民主党を応援してきました。しかし、民主党内部では必ずしもそうではなく、分裂の要因ともなっています。

雇用労働者が政治を託すことのできる政治勢力を、もう一度育てることが、連合の大きな役割と思います。また、労働者自身の政治参加を促すことも重要です。そんな役割の一端を担う地方議員の役割と責任も、今後ますます大きくなることを認識して、活動をしていきたいと感じた会議でした。

Dscn0940_800x600さて、会議の後は勉強会、中小企業診断士で日本経済を小気味よく分析されている「三橋貴明」氏の講演を聞くことが出来ました。現在のデフレはバブル崩壊後の施策の失敗にあること。デフレ脱却には金融緩和と公共投資が重要であること。について現状分析からの持論をお話しされました。

これまで経済の専門家が、様々な施策を講じても、日本経済がなかなか良い方向に進んでこなかった実態を考えると、デフレ脱却が、理論のようにスムーズにいくとは思えませんが、経済原理の原則に沿った三橋氏の考え方は、あらためて現状整理が出来た新年にふさわしい講演でした。「アベノミクス」に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

行政の役割

飯田市の上村というところで、小水力発電を建設するという記事が掲載されていました。上村は住民500人の小さな村ですが、行政からの補助金ではなく、自分たちで出資を募り建設、売電をし運営していくということのようです。

201318以前にも飯田市のまちづくりは、市民が主体という報告をしましたが、今日の新聞記事を観て、あらためて、行政の役割、住民の役割について、市民の方々まで理解されていると感じました。

事業主体は住民一人ひとり、行政は、事業が行いやすいよう法整備・環境整備・手続きや周囲との調整役に徹するということが、地域の活性化を継続させるためには不可欠ではないでしょうか?起業に際し、補助金に頼りがちですが、考えさせられる記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

新年に思う

毎年、暮れから正月にかけては、父親の相手をすることもあり、実家に行ったり来たりで、なかなか落ち着きません。そんな訳で、今日やっとパソコンを前に徒然思うことをプログにすることが出来るようになりました。

Dscn0921_800x600さて、そんな正月、ある先輩から紹介された一冊、芦花ホームの医師、石飛幸三氏著、…「平穏死」という選択…を読みました。私の祖母は104歳、6年前に胃ろうをしたことから、寝たきりで家族の識別も出来ない状態のままどうにか生きている状態です。石飛氏によれば、胃ろうの老人は30万人~40万人いるそうです。

老衰は病気ではない。ある年齢になったら治療せずに安らかな往生の手助けをすることも必要ではないか?石飛氏は言います。医療費が加速度的に増加しています。その原因のひとつが高齢者医療費です。人生経験が多い高齢社会は、本来、幸せな社会ではないでしょうか?高齢者こそ自立し、次世代の世話にならないことが、本来の社会の姿ではないでしょうか?

死と真剣に向き合い、どう生きるか?と同じ重さでどう死を迎えるべきかを考え、それを社会の仕組みに反映していくことも、政治の重要な役割ではないか?そんなことを考え悩んだ新年でした。

今年は、高齢者福祉の在り方について、自分自身の今後25年の生き方を念頭に、様々な角度から考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »