« 2月議会 一般質問 | トップページ | 公民館まつり »

2013年2月27日 (水)

2月議会 一般質問 顛末記

昨日は、一般質問が無事終了、議会改革の視点からは、「学芸会」のようだ!と批判もある地方議会の一般質問ですが、磐田市議会は、通告に基づいた一次質問と答弁は形式的ですが、再質問以降のやりとりや、一問一答のやりとりでは、議員・市長それぞれの考えを、かなり自由に発言していますので、市政の重要な位置づけになっていると思います。

Img_291x800私のテーマは財政問題なので、分かりづらく新聞には取り上げてもらえませんでしたが、内容はあったと思います。概要を後期しておきますので、ご覧ください。また、約3日後には磐田市・磐田市議会のホームページから議会中継の録画が観られます。併せて参照いただければ幸いです。

中日新聞では、公営の婚活事業、保育コンシェルジェ、ドライブレコーダーが取り上げられました。婚活を公営でやるのは?という感じですが、民間への橋渡しがうまく出来れば…、ドライブレコーダーが管理過多にならないよう…、H25年度の運営を注視したいと思います。(もちろん当選しないと出来ませんが)

昨日のヒットは、保育コンシェルジェです。コンシェルジェは無理だが、職員を一人相談員に…ということです。質問者の川崎議員は、相談は親御さんと同じ目線で…と言いますし、自分もそう思います。そういう相談員に育ってほしいし、NPOとの連携をしっかりやってほしいと思います。

「昨日の松野まさひろ一般質問要旨」
Q1:磐田市の財政の現状と課題は?
A1:リーマンショック時から持ち直し安定的、市債は繰り上げ償還も含め削減している。今後も行財政改革を進めて財政を捻出、その財源で投資という継続できる財政運営をしていく。

Q2:市民への広報についての現状と課題、今後の取り組みは?
A2:広報いわた、ホームページともに努力している。提案の姿勢懇談会などによる市民へ直接報告することについては、どんな方法が良いか考えてみたい。

Q3:民間委託の現状と効果、今後のは?
A3:市民課の証明発行窓口、納税のコールセンター活用は、順調で市民からの評判も良い。今後も民間でできるものは民間に…の考え方で検討を進める。

Q4:磐田市民病院の経営の現状と課題は?
A4:国の診療報酬の改定に合わせた高度医療の整備や薬品などの精査によるコストダウン努力を進めている。経営状況は改善されてきているが、減価償却を見込んだ黒字化はすぐには難しいので、3か年計画を立てて一歩づつ進める。

Q5:磐田病院の待ち時間や検査待ちの改善は?
Q5:現状把握をしながら、改善の努力をしている。また、逆紹介(磐田病院が開業医を紹介する)なども改善につながるのでその努力もしている。CTなどは、患者の状態を観て、優先順位を決めているのでご理解いただきたい。

Q6:看護師の不足への対応は?また環境改善は?
Q7:H23年は不足していたが、H24年はほぼ充足。今後も努力を続ける。なお給与水準は、民間より良く公立病院としては平均的と認識、但し、休憩するところがないので、早期の改善を進めたい。

|

« 2月議会 一般質問 | トップページ | 公民館まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/56849411

この記事へのトラックバック一覧です: 2月議会 一般質問 顛末記:

« 2月議会 一般質問 | トップページ | 公民館まつり »