« 県と沼津高専が連携協定 | トップページ | 磐田市議会2月定例会その2 »

2013年2月17日 (日)

磐田市議会2月定例会

先週2月14日から磐田市議会の2月定例会が始まりました。2月議会は、予算を審議し決定する重要な議会です。

磐田市の予算は、リーマンショック以降の混乱から立ち直り、メリハリのあるものになったと思いますが、今年は、別の意味で問題があると感じています。それは、国の予算が補正予算と本予算に分かれて自治体に配分されてくることです。

市長から予算案は提案されましたが、国の補正予算に伴う磐田市における事業について、現在、市役所の各部門で検討しているところです。来週以降、その検討結果を織り込む予定になっています。

すなわち2度手間ということ、そして、おそらく国の本予算への対応は、6月以降になると思われます。3度手間かも…。

磐田市は、比較的財政力があるので、約60%が自主財源という市で確保できる予算ですが、残りの40%は、国からの配分で市政を担っています。もちろん各事業は国で決定された法律に従って進められます。そうです、国・県・市は連結企業と同じように、密接につながっています。

私たち地方議員が頑張って行政改革を進めても、国が混乱すれば元も子もありません。是非、政党間の争いは選挙の時だけにして、国政の運営は協力し合って進めてほしいものです。

久しぶりに文章を書いたらどうも、まとまりがありません。後援会活動でドタバタしていますが、もう一度、姿勢を正して、毎日、キーボードに向かおうと思います。

なお、写真は文章と関係ありませんが、3月21日から開業する「磐田市急患センター」です。Dscn1055_800x600

|

« 県と沼津高専が連携協定 | トップページ | 磐田市議会2月定例会その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/56786636

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田市議会2月定例会:

« 県と沼津高専が連携協定 | トップページ | 磐田市議会2月定例会その2 »