« 参議院選挙中日 | トップページ | 日本のゆくえ »

2013年7月16日 (火)

磐田市議会6月定例会閉会

7月11日(金)磐田市議会の6月定例会が閉会しました。本定例会では、補正予算などの議題の審議が行われ、9つの議案すべてが可決されました。また、市長の所信表明、議員からの代表質問、一般質問も行われました。要点を記載しておきたいと思います。

<市長:所信表明の要約>
現在の社会経済情勢は、震災復興・景気低迷・人口減少・少子高齢化など先行きが見通せない。
磐田市の財政も、良くはなってきたが、税収は横ばいの中、社会保障関係費の増加により、硬直化が懸念。
合併の優遇措置がH32に終了、さらに国は財源不足のため、地域の自立が求められている。
①安心安全として地震津波、原子力災害への備えに注力
②スマートインターやJR新駅などのインフラ整備、新産業支援などによる産業の活性化
③地域活動の拠点整備などを含めた地域づくり
④待機児童ゼロを始めとした将来を担う子どもたちへの支援
⑤高齢者の足の確保をはじめとした福祉・支えあい
⑥行政改革によるメリハリのある行政経営
などの推進により、総合力ナンバーワンのまちを目指す。

<各議員一般質問の主なテーマ>
*農業振興策(6次産業への取り組み、農業者の育成)
*防災対策(消防団組織の考え方、遠州灘防潮堤の整備)
*社会教育・生涯学習(子育て支援、公民館活動、社会教育体制)
*子育て支援(幼保園の進め方、子どもの通学路、待機児童対策)
*産業・まちづくり(JR新駅、スポーツのまちづくり、スマートインター・企業誘致、キャラクター)

<主な議案と審議結果>
1.病院の職員定数を780人から880人に増員…全会一致で可決
⇒主に看護師、医師を増員、高度医療への対応力を強化し、診療報酬の増加による経営改善を目指すもの
2.一般会計補正予算(約1億2,000万円の増額:内約7,700万円は国県の補助金)…全会一致で可決
⇒事業者用太陽光発電導入補助(3,000万円)農業支援(3,100万円)救急車の購入(1,200万円)保育士の処遇改善、待機児童解消策(4,200万円)…etc
3.子ども子育て支援法に基づく子ども子育て会議条例の制定…全会一致で可決
⇒市民・有識者・実務者による子育て施策に対する意見提言機関を設置するもの
4.福田幼保園建設のため、福田小学校西側の土地約9,700平米を取得(総額約8,000万円)…全会一致で可決
5.老朽化に伴うはしご消防車の購入(約1億6,000万円)…全会一致で可決

|

« 参議院選挙中日 | トップページ | 日本のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/57801573

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田市議会6月定例会閉会:

« 参議院選挙中日 | トップページ | 日本のゆくえ »