« 参議院選挙の告示 | トップページ | 「いそざき哲史」がんばれ »

2013年7月 4日 (木)

しんば賀津也「第一声」

参議院選挙が公示され、静岡県選挙区では6名の候補者が立候補しました。その一人が「しんば賀津也」さん。民主党現職の46歳、ガッツマンです。

静岡市を皮切りに県内各市町で第一声を挙げました。磐田駅北口でも力強く決意を述べました。

74_800x646経済対策としてのアベノミクスは有効だ。しかし、どんな政策にも光と影がある。輸出企業や金融関係者には大きなメリットがある反面、石油や食料品など生活用品の値段が上がり、勤労者の生活は厳しくなっている。中小企業の皆さんも大変な思いをしている。
大企業や一部の金持ちに焦点をあてた現在の経済対策だけでなく、汗を流してまじめに働き、税金を払っている勤労者に目を向けた政策が必要である。と…

私は、「産業・雇用」「勤労者の子育て支援」「行政改革・議会改革」を公約に挙げています。この3つの課題は、国の「経済政策」「次世代育成支援政策」「地方分権・地域主権改革」に大きく左右されます。こうした政策は、政権云々ではなく、国の基本的な政策として、しっかりと確立し、中長期的なビジョンを持って、与野党が協力し推進すべきものだと思います。

喫緊の課題には、与党・野党の垣根を越えて議論し共通認識を図る度量を持った「しんば賀津也」さんに、是非、頑張ってもらいたいと思います。

松野まさひろホームページもご覧ください⇒http://www.geocities.jp/matsunogenki/

|

« 参議院選挙の告示 | トップページ | 「いそざき哲史」がんばれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/57724608

この記事へのトラックバック一覧です: しんば賀津也「第一声」:

« 参議院選挙の告示 | トップページ | 「いそざき哲史」がんばれ »