« 「いそざき哲史」がんばれ | トップページ | 民主党の綱領 »

2013年7月 7日 (日)

参議院ってなんだろう?

Dscn1386内閣総理大臣は国会議員から選ばれます。すなわち議院内閣制をとっています。これは、国民から選ばれた代議士が、自分たちの中から行政の長を選ぶという制度です。

日本の首相は、これまで衆議院議員の中から選ばれてきました。衆議院で過半数の議席を持つ政党もしくはグループから行政の長が選ばれるということです。選挙で勝った政党が、次の選挙までは自分たちで政策を決定し、自分たちで執行するという仕組みです。

三権分立という政治形態を学校で習いました。権力の濫用を防止し、国民の政治的自由を保障するため、国家権力を司法・立法・行政の三権に分け、それぞれ独立した機関委ねるものです。

衆議院議員から首相が選ばれ、その政党から行政の各担当大臣が任命される。国会は政権与党と言われる首相を選出した政党を中心に運営されます。

こうした仕組みの欠点を補うため、行政府と立法府の慣れあいのチェックや長期的な視点で、日本の将来を考えられる「良識の府」「再考の府」としての「参議院」の存在意義があると思います。

参議院として本来の役割を発揮するためには、政党色を薄め、政局の影響を最低限に抑え、じっくりと政策を議論し、独自に国民とのキャッチボールを行うなどが出来るよう、現在の仕組みを変えていく必要もあると、私は思いますが…

今できることは「政策軸のしっかりした人物本位の選択」です。

なお、地方自治体は二元代表制、県知事や市長などの行政の長と議会議員とが別々に選挙で選ばれ、行政と立法を分担します。

静岡知事選挙で川勝知事が、「特定の政党とは組しない」「県民の県民による県民のための県庁を創る」ことを宣言し、圧勝しました。行政はスピード第一ですが、立法、議会は行政の監視と将来の形を決めるため議論を尽くすことです。地方も少しづつ改革に動き出しています。

市民の皆さんには、是非、候補者のウェブサイトやブログを確認し、選挙公報にもしっかり目を通し、少しでも候補者の政策と人物を知って投票することをお願いしたいと思います。

なお、私の応援している候補者のサイトは

いそざき哲史⇒http//isozakitetuji.com/
しんば賀津也⇒http//www.k-shimba.com/

|

« 「いそざき哲史」がんばれ | トップページ | 民主党の綱領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/57740432

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院ってなんだろう?:

« 「いそざき哲史」がんばれ | トップページ | 民主党の綱領 »