« 磐田市議会9月定例会 | トップページ | 磐田市消防団壮行会 »

2013年8月29日 (木)

競争するということ

相変わらずジュビロは低迷しています。少し前までは世界陸上、現在は世界柔道の大会が開催され、優勝・入賞した選手、残念ながら不本意な成績に終わった選手の様子が報道されています。

競争をすれば順位がつきます。勝敗が分かれます。私は中学校・高専と卓球に所属し、就職してからもしばらくは地元の卓球大会に出ていました。3回戦ボーイという言葉がありますが、勝つことより負けて悔しい思いをすることの方が圧倒的に多いという私の卓球人生でした。

レベルは、全く違いますが、勝てないジュビロ磐田の選手や世界選手権などで実力を発揮できなかった選手の気持ちが少しは分かるような気がします。そして、それを打開するのは、自分自身しかなく、厳しい練習の積み重ねで乗り越えていくのがスポーツの素晴らしいところでしょうか。

なお、私自身は乗り越えられなくて、結局はどんな草大会にも「優勝」出来ずじまいでしたが…。しかし、自分の強さ弱さを知ることが出来、それからの仕事や活動にずいぶん生きていると思います。

Photoさて、現在、全国学力テストの結果が取り沙汰されれています。小学校国語Aの試験の成績は、静岡県が最下位だそうです。子どもを持つ親御さんの気持ちは決して穏やかではないと思います。学力テストとスポーツを同じように扱うことには少し疑問を感じます。報道はもっと慎重に取り扱うべきではないでしょうか。

競争することは大事ですが、切磋琢磨することで勝った方も負けた方も成長することが競争の狙いだと思います。世論が報道によって右往左往すること無く、静岡県の皆さんには冷静に受け止めていただきたいと思います。その上で子どもが委縮することなくのびのびと楽しみながら知識を吸収できるような環境づくりを進めていければと思います。

|

« 磐田市議会9月定例会 | トップページ | 磐田市消防団壮行会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/58085676

この記事へのトラックバック一覧です: 競争するということ:

« 磐田市議会9月定例会 | トップページ | 磐田市消防団壮行会 »