« 9月定例会 一般質問 | トップページ | 豊田英二氏死去 »

2013年9月13日 (金)

一問一答

討論をするときには、テーマを決めて、相手の意見を聴き、その意見に対し自分の意見を述べます。

市議会の一般質問は、通常の場合、事前に質問内容を通告し、当局が作成した回答案を市長が答弁します。
磐田市では、従来からを再質問は2回OKというルールをつくり、ある程度討論が出来るようにしてきましたが、複数テーマを一括して質問するというスタイルでは、なかなか討論にならないということから一問一答方式を導入しました。

しかし、一問一答方式では、1テーマづつのやりとりになるため、テーマについて十分な調査をしておかないと、討論が成り立ちません。どうしても「あれはどうなっていますか?」「○△です」「それではこれは?」「これは×□です」といった、質疑応答の繰り返しになりがちです。

そうしたことから、しばらくは、一問一答での一般質問を控えてきましたが、昨日の登壇では、一問一答方式を選択し、3つのテーマについて、市長・教育長の考えを問いました。討論になったかというと、自己評価は60点くらいで、まだまだと思いますが、興味のある方は、インターネットで検索してみてください。録画は来週火曜日くらいには準備できていると思います。(磐田市ホームページの磐田市議会をクリックで議会ページに入ります)

3つのテーマは
1.地域コミュニティーの再生と親への社会教育のあり方進め方について
2.産業雇用の改善とUターン・Iターン政策について
3.行財政改革における、事業仕分けのあり方について
です。少し通告文書のタイトルとは違いますが、要約して記載しました。回答のない討論を目的にした一般質問だったので、結果の要約が難しく、詳細はレポート作成時までに考えたいと思います。

昨日のやりとりで感じたことは、まだ未熟でしたが、それでも、市長・教育長の考えの背景や人柄の一端が分かる討論が出来たと思います。

今後は、さらに課題を掘り下げて、市政の難問について意見をぶつけていくような、一般質問を心がけたいと思っています。

|

« 9月定例会 一般質問 | トップページ | 豊田英二氏死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/58182488

この記事へのトラックバック一覧です: 一問一答:

« 9月定例会 一般質問 | トップページ | 豊田英二氏死去 »