« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

経済のはなし…あるコラムより

プレス民主に日本経済の現状と課題について、興味深いコラムがあったので、紹介します。日本総合研究所の藻谷浩介氏の講演抜粋ですので、民主だから???ということはないと思います。

さて、その要旨は

“小売りの販売額の推移をみると、1990年から現在まで、ほぼ横ばいであり、経済の危機や回復と言われている状況と全く異なる。
マネーゲームは儲けても消費しないのである。マネーは、リーマンショックで15兆円減ったが、小売りの販売額は変わらなかったのである。
輸出はどうだろう。2005年から2008年の世界同時バブル(リーマンショックの前)を除けば、バブル時41兆円から2012年61兆円へと緩やかに増加している。
アジアの主要国に対する国際収支もすべて黒字である。その黒字分が、石油代として中東に払っていることが、貿易赤字の原因なのである。
その石油代は、原発事故前が13兆円、現在は11兆円である。省エネの成果が大きいと考えられるが、この数字を見てどう思うだろうか。

実体経済に連動しているのは、小売り販売額であり、それは就業者数に連動する。就業者数が増えるか、賃金があがるかすることが、実体経済を維持向上させる方法である。

今後人口減少が問題となるが、その対策は次の2点である。
①子育て支援により、子どもの減少歯止めと、働く主婦層の支援をすること。
②貯蓄をして、お金を使わない高齢者層のお金を引き出し、若者の賃金を上げること。

簡単な手法ではなく、政治家は高齢者層の支持を失う可能性もあり、困難ではあるが、日本の将来を考え、子育て世代を支えることで、お年寄りも元気な孫とすごせる国を創ろうと、呼びかけたらどうか!”

というものです。

私も、子育て支援を政策の第一に挙げている地方議員、さらに金融経済を取り上げて一喜一憂している現状に疑問を持っている一人です。
自分の目指す方向への強い後押しを感じる藻谷氏の論理的な主張です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

ヤマハ発写真クラブの展覧会

Photoヤマハ発動機写真クラブの写真展が12月12日~15日、文化振興センター1階ロビーで開催されます。

実は、私も幽霊部員…、写真の腕は全く素人ですが、毎日カメラを持ち歩き、日常を撮影してブログやレポートで報告するほか、旅行や登山の時には、一眼レフ片手にシャッターチャンスを狙っています(笑)

そんな私も3作品を出展する予定です。内容は、是非、当日ご覧になっていただきたいと思います。

全体で50点ほどの展示になるようです。プロ顔負けの方もいらしゃいますので、結構楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

ジュビロマラソン

2013完走しました。一昨日から風邪気味で、のどが痛かったのですが、日頃の心がけのせいか、当日は暖かく調子もまずまず。目標の2時間を切ることが出来、満足のジュビロマラソンでした。

写真は、家内が撮影したゴール付近、遠慮がちに撮ったようです。私の姿は矢印の先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ゆるキャラグランプリ

明日のゆるきゃらグランプリのランキング発表に先立ち、9位までのキャラクターが発表になりました。「しっぺい」は、何位?かは明日のお楽しみですが、トップテン入りは決定ということで、磐田市民の応援に感謝します。

さて、そんな中、様々なしっぺいグッズが発売され好評です。昨日、市役所の商工課に行ったところ、カレンダーを販売して、その売り上げを町の活性化に少しでも役立てたい…という話があり、とりあえず、2冊のカレンダーを買いました。

なかなかかわいいカレンダーです。是非、皆さんも、机の上に置いて(そういうタイプです)毎朝、毎晩、笑顔をつくってみてはどうでしょう!お問い合わせは、磐田市商工課、観光協会もしくは私まで…。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

連合中遠地域協議会定期大会

長い名前ですね。いわゆる労働組合の集まりである連合の地域組織です。昨日、定期大会が開催され、来賓として仲間の議員と一緒にお招きをいただきました。

日本の労働組合は、ユニオンショップという社員全員が組合員になるという独特の制度を生み出してから、大手企業の労働組合を中心とした産業別組織の労働運動が始まりました。

高度成長時代には、産業別労働組合が労働条件向上のけん引役となり、日本の発展と厚い中間層を生み出し、ジャパンアズナンバーワンの一翼を担ったと思います。

しかし、バブル崩壊とともに、日本経済が模索の時代に入ると、雇用形態の多様化という言葉で、派遣社員や有期雇用労働者が激増し、これまでの労働運動の延長線上では、労働者の雇用や労働条件が守れない時代に突入します。

大手労働組合を抱える産業別組織においても、組織拡大や組織に加われない労働者への支援を運動方針に掲げましたが、それぞれの企業別労働組合においては、正規組合員の雇用や労働条件を守ることさえも十分できない時代へと突入してしまいました。

連合静岡においては、産別の枠を超えて、組合員ではなく県内の中小企業で働く労働者全体を視野においた「地域に根差した顔の見える労働運動」をスローガンに、新たな労働運動の模索が始まりました。

現在、困ったことを相談できる労働相談ダイヤルや、ひとりでも加入できる労働組合が出来ました。知っておいていただきたいと思います。

政権が交代し、経済優先のかじ取りが進められています。今こそ労働組合の出番です。「一人は万人のために、万人はひとりのために」連合中遠地協がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

磐田市議会 11月定例会

今日から、11月定例会です。11月の特徴は、代表質問があることです。議員が正式に意見を述べることが出来るのは、一般質問、代表質問と討論があります。

討論は、意見を述べ議案に対する反対もしくは賛成を表明するもの、一般質問は意見を述べながら執行部の見解を問うものです。…が、共通しているのは議員個人の意見であることです。

民主主義では、最終的に採決で意思を決定します。すなわち、多くの議員の賛同を得ることが必要です。代表質問は、会派で話し合い、会派として執行側(市当局)に意見、提案をするものです。したがって、提案の重みは、1議員に比べ大きくなり、その分、責任も重いものです。

市長、市当局は、行政として日常的に得ている情報に加え、こうした議会からの意見や提案を踏まえて、これからの行政運営を検討します。代表質問は議案の提案ではありませんが、行政運営の将来を決めるうえで、重要なものと言えると思います。

なお、重要な議案もいくつか提案されているので、12月19日までの約1か月間、しっかり審議していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市議会レポート

市議会レポート第26号です。⇒「shigikaireport_vol26.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

議会報告会

家庭の事情でバタバタし、ブログに向かえない日が続いてしまいました。日頃から、精神的に安定した行動を心がけてはいても、やはり家族のこととなると、些細なことでも気を病んでしまうのは凡人ゆえか人の性か?いずれにしても、人生は四苦八苦、七転び八起きですね。

さて、今日は、磐田市議会の議会報告会です。10時から福田農村環境改善センターで、13時30分から豊田支所で、17時からは豊岡支所で行います。

私は、南島の福田農業環境改善センター10時からの担当です。昨年に引き続き2回目です。市民の皆さんの反応や意見が楽しみです。是非、足を運んでいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

石田不空 書芸展

2013磐田市在住の書芸家、石田不空氏の展覧会が、11月30日~12月8日まで法多山の紫雲閣で行われます。紫雲閣は参道を少し上った右手にある庭園が美しい建物です。案内がありますので、すぐ分かると思います。

不空氏は、工業高専を卒業、エンジニアの道から書の道へと進んだ変り種?、作家の東野圭吾氏も、工学部を卒業、横道にそれましたが、そんな関係から毎年、お邪魔しています。

不空氏は、書のひとつひとつを作品と呼びますが、ひとつの作品を完成させるためには、何十何百の失敗作の積み重ねだそうです。構想を立て、それに合った書を試行錯誤しながら創っていくのだそうです。

まったく、書道には縁のなかった私ですが、その話を聞いて、なるほど機械設計と同じだ!と思ってから関心を持つようになりました。東野圭吾氏の推理小説もおそらく同様に、構想から一つひとつ丁寧に組み立てたものではないか?と想像されます。(東野氏とは友人でもなんでもなく、単に愛読しているということですので誤解なきよう…)

自分も、何かを考えるときには、設計と同じような思考過程を大事にしています。世間からは理屈っぽいと言われ、元同僚からはアバウトな奴だ!と言われますが、それが「いい加減」なのかもしれず…これからも試行錯誤したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

特別支援教室

特別支援教室の見学をしました。数人の児童と先生の関係は、私が子どもの頃の小さな学習塾のようです。

東部小学校には3クラスの支援教室があります。また、外国人クラスもあります。磐田市の東部地域は、工場へ働きに来た人の子どもたちがたくさん住んでいます。日本で生まれても、家庭ではポルトガル語などで会話しているため、日本の社会で暮らせるだけの国語の力はつかないようです。

磐田市では35人学級を早くから進めていましたが、授業についていけない子どもたちもたくさんいます。知的や発達の障がいを持った子どもたち、日本語がうまく読めない、書けない子どもたち…

社会に出て自立できるようにすることが、義務教育の目的。知的な障がいで、授業についていけなくても、立派な大人として、一生懸命仕事をしている人たちがたくさんいます。

自立するための教育と、生活し働ける場と援助の仕組みを、別々ではなく総合的に考えていく時期ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

最近の若者は!

最近の若い者は…、20代のころ良く言われた言葉です。私は、昭和31年生まれ、1970年代は、世の中が大きく変わろうとしている時期でした。皆が都会に出たいと思い、バイクや車にあこがれ、スキーやテニスそしてサーフィンなど、異性に持てようともがいていました。しかし、今の若者は?それぞれの道を楽しみ始めたようです。

Dscn2202_800x600土曜日に、ヤマハ発動機労組の青年部が研修会をしました。平均年齢は20代の前半です。多くが遠州っこ。元気が良い若者たちです。

研修の最後に、議会の報告と意見交換をしました。みんな、しっかりと聞いていて、地域のことを考えた意見を言ってくれます。

懇親会では、ほどほどにくだけますが、リーダーがちゃんとあいさつをし、しっかり締めます。そして、懇親会が終わると、いくつかのグループに分かれ夜の街に消えていく…。

メリハリの利いた、将来が楽しみな最近の若者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

会派で視察に

10月30日~11月1日にかけて、会派「新磐田」の仲間と視察に行ってきました。会派の視察には2つの目的があります。ひとつはもちろん、事例研究をして市の政策に活かすことです。

ふたつめは、会派のコミュニケーションです。4月に選挙があって、7人のメンバーで新磐田を再結成しました。3期が1人、2期が3人、1期が3人の経験も年齢も若い会派です。また、政策の重点も少しづつ異なるメンバーで構成されています。

ですから、主張しあい妥協しあいながら議会活動を進めているのが、わが新磐田の長所であり短所となっています。

今回は3日間寝食を共にすることになりましたので、プライベートも含め、様々な話題を肴に、コミュニケーションを深めることが出来、今まで以上にチームワークを固められたと思います。

議員は、一匹狼の集まりですが、一人では何の政策も実現することは出来ません。現実をしっかり認識する一方で、いつも未来を考える「新磐田」から、これからも様々な提案をしていきたいと思います。

さて視察です。

Dscn2177_800x600①山口県下松市:下松とかいて「くだまつ」と読みます。松に星が降ってきたという伝説があり、地震がほとんどない瀬戸内海に面した静かな街です。この町では、運動会で防災意識の啓発を行っています。自助・共助を働きかけることを徹底しているとのことです。
災害の少ない街ということで、地域の防災組織などについては、まだまだと思いましたが、こつこつと啓発を積み重ねていく活動には、長州藩から続く政治が根付いた地域のすごさを感じました。

Dscn2183_800x600②京都府木津川市:社会福祉法人 京都ライフサポート協会…障害者の入所施設。周辺に就業支援施設、生活介護施設がある、総合的な障害者支援を目指した福祉活動をおこなっている法人です。
見学した入所施設「庵」は、個室を基本に、共用のリビングを備えた1戸建てのグループホーム形式、6・7人が生活しています。平均年齢は30代の後半。朝、9時には身支度をして就業支援施設や生活介護施設に通います。もちろん職員が送り迎えする訳ですが、家と職場を往復するような生活を組み立てている画期的な施設です。全国にも珍しいそうで、これからの障害者支援の方向性を予見するような施設のひとつと感じました。

Dscn2197_800x600③兵庫県三田市:ICTを活用した教育を視察。IT機器を使って学校教育?個人としてはやや疑問がありました。そもそも社会人としての最低限の知識と教養、道徳を身に着けるのが義務教育というように考えている自分にとって、最新のコンピューターを使った教育は必要ないのでは?という疑問です。
今回授業参観をさせていただき、電子黒板という大型画面にパワーポイントで教材や写真、動画を使った授業は、確かに分かりやすく、先生にとっても、プリントを作成する時間をパワーポイントのスライド作成時間に置き換えるという考え方で、うまく活用できるのでは?と考え直しました。
単純に便利な道具をうまく使うというICT教育ではなくICT機器を活用した教育の普及は、より重要性を増すのではと思います。
しかし、子どもがコンピューターを使うのは体験に留め、数学と物理(理科?)の基礎からきちんと学んでほしいと思いますが…いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »