« 新年を迎え | トップページ | 高校女子サッカー選手権大会 »

2014年1月10日 (金)

2014年 経済のゆくえ

一昨日、連合静岡の賀詞交歓会がありました。その前段の講演を聴きたいと思い、前の用事を早く済ませ急いで静岡に行ったところ大正解。伊東元重教授の分かりやすく論理的な経済分析を拝聴することが出来ました。詳細は、講演メモをつくりましたので、添付データをご参照ください⇒「itoumotoshige_koen_memo.pdf」をダウンロード

経済再生は民間投資と輸出入の拡大にかかっているというお話でした。日銀が国債を買い上げ、資金供給量を増やしているので、あとは投資…しかし、その投資意欲は将来展望が開けるかどうか?ということです。

多くのDscn2492_800x600企業はグローバルに展開しているので、輸出を含めて投資意欲を考えれば良いと思いますが、個人の将来展望を、どの様に明るくしていくか?は非常に難しい課題かもしれません。景気が良くなることは、将来展望の一つでしょうが、老後の心配や若者の夢や目標ということについては、経済以外の要因も大きく、ここに地方政治の出番があるように思います。

昨日も、地域の活性化についてお叱りを受けました。行政が出来ることはきっかけかも知れませんが、きっかけが無ければ何も変わらない訳ですから、効果的なきっかけづくりの働きかけに、より一層努力したいと思います。

|

« 新年を迎え | トップページ | 高校女子サッカー選手権大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/58917392

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 経済のゆくえ:

« 新年を迎え | トップページ | 高校女子サッカー選手権大会 »