« 市議会レポート 第27号 | トップページ | 2014年 経済のゆくえ »

2014年1月 8日 (水)

新年を迎え

Dscn2482_800x600穏やかな天候に恵まれ、新しい年が始まりました。昨年は、市議選を始め知事選挙・参議院議員選挙と続きました。さらに、自身も2期目となり、議会の役割も重くなってきたことから、慌ただしく過ぎてしまった感があり、反省しつつ本年の行動を考えていきたいと思います。(写真は、初日の出…大晦日のラストサンライズ?)

本来であれば、年頭にしっかり決意と計画を立てるべきですが、私生活にもいくつかの課題を抱える年代でもあり、また今年も出遅れてしまいました。が…焦らず年初の様々な会合からの情報を踏まえて、月末には本年の計画を明確に立てて、2月議会に臨もうと考えています。

さて、そうは言っても今年は何をすべきか?まずは原点回帰、市議会議員としての自分の役割を見つめなおし、市民の意見を聴きながら、じっくりと政策づくりをしていかなければと思いを新たにしています。自身の役割は
1.勤労者の代表として、行政と勤労者・産業とのパイプ役を務め、意見を代弁すること
2.市民の皆さんに、政治や行政への理解を深めていただき、市民の政治参加の拡大を進めること
と思っています。もちろん、地域の意見を代表することや議員のひとりとして議会における意見の集約に努力すること、政策を提言していくことなどは、議員としての基本的な役割として、しっかり務めていきたいと考えています。

中央の政策が、一人ひとりの生活に直接影響する時代になってきました。これからは、国や県の動きについてもしっかりと把握し、市民や市政との関わりについて市民や行政当局と一緒に考えていくことも地方議員の重要な役割になってきています。

最も生活現場に近い地方議員のひとりとして、仲間の議員と連携し、市政だけでなく国や県にも声を上げていける力をつけたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

|

« 市議会レポート 第27号 | トップページ | 2014年 経済のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/58905399

この記事へのトラックバック一覧です: 新年を迎え:

« 市議会レポート 第27号 | トップページ | 2014年 経済のゆくえ »