« 浜松シティマラソン | トップページ | Jリーグ開幕 »

2014年2月28日 (金)

質問と質疑

議会には、一般質問と一般質疑があります。そして、会派を代表して行うものを、それぞれ代表質問、代表質疑と呼んでいますが、その性格は同じです。

磐田市議会2月定例会においては、2月24日~26日まで一般質問が行われました。そして本日は代表質疑が行われます。

質問と質疑の言葉の正確な意味はさておき、一昨日の一般質問では、それぞれの議員が市民からの意見や要望を踏まえ、市長に対し考え方を問いました。一般質問を簡単に分類すると次のふたつになります。
①市長が進めようとしている施策について、その考え方や内容の説明を求めるもの
②市民からの要望や調査研究結果を踏まえ、議員それぞれから、事業や政策についての要望や提案、提言を行い、それに対する市長の考えを聞き出すもの

②は、政策の提案になりますが、最近では議員から提案をし、それに対する市長の意見を聴くという、政策実現に向けた意見交換の場として一般質問の場を活用するもので、最近では、こうした提案型が多くなってきていると思います。

私自身は今回、一般質問はお休みしましたが、自分も提案型を目指しているため、中途半端な内容でなく、政策としてある程度固まってから議場に持っていくようにしているため、6月議会に向けて、政策作りのペースを早めなければと考えているところです。

さて、質疑です。本日は代表質疑ですが、これは施政方針を含めた来年度予算という年1回の審議内容ということから、会派でまとめて質疑をしようということです。後先になりましたが、質疑の意味です。
質疑は、その名の通り「疑義を質す」ということで、提出された議案の、不明な点や問題・課題を明確にするものです。したがって、議案の範囲を超える質問は出来ません。

この質疑を通じて議案の賛否を判断するため、議案審議においてはとても重要です。また、本会議の質疑を経た後、議員が3チームに分かれた常任委員会で集中的に質疑を行い、賛否に関する討論と採決が行われます。

議会というと、一般質問が話題になりますが、時間を掛けるのは質疑、それも委員会質疑です。

これらすべての会議が公開されていますので、是非、傍聴してみてください。議会が身近になると思います。(なお、委員会は、まだインターネット中継を行っていませんので、市役所に足を運んでもらうことになります。あしからず…)

|

« 浜松シティマラソン | トップページ | Jリーグ開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/59211216

この記事へのトラックバック一覧です: 質問と質疑:

« 浜松シティマラソン | トップページ | Jリーグ開幕 »