« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

ジュビロ2連勝

先週、今週とジュビロが2連勝。昨日は雨の中、集中力で快勝しました。自分は素人なので、戦術も技術的なものも十分わかりませんが、ほぼ毎回、生でゲームを観ていると、何となく、その日の良し悪しが分かるような気がします。

私が取っている席は、バックスタンドの中上段、真ん中よりややホーム側になります。高いところなので、全体がゲーム盤のように見渡せます。なんでフリーの選手に渡さずに、マークされている選手にパスするんだろう?とか思いながら見ている訳です。

昨日は、前半押されていましたが、フリーでシュートされることもなく、見ていて大丈夫だろうなという感じ?でした。その結果、後半になって全員でボールを取りに行くようになった途端に先取点…というように見えました。

この状態を今後も継続して欲しいし、出来ることなら、点を取った後、さらに追加点を取りに行くような積極性があると良いと思います。がんばれ、ジュビロ磐田!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

いわた大祭り「大名行列」

1 4月26日は、いわた大祭り「大名行列」と題した、見付宿場通りを大名行列が練り歩く、地域手作りのお祭りが行われました。

交通安全会の役員をやっていることから、私も実行委員の一人として交通整理を分担し、朝7時から夜10時過ぎまでの長い一日を楽しく過ごしました。

2 当日は朝から多くの観客が詰めかけ、10時30分からのパレード、12時からの大名行列、16時からは舞車踊り、19時からは舞車の引合せという神秘的な催しが立て続けに行われました。また、沿道には多くの店が軒を並べ、特に本年は軽トラ市の皆さんにも出店をいただいたため、夕方からは例年以上の盛り上がりがあったように感じました。

この祭りは、見付を中心とした市民手作りで、半年以上準備をして行われているものです。計画性がない等、ご批判もいただきますが、安全面やおもてなしの心をしっかるすることを忘れなければ、みんなでわいわいがやがや言いながら進めるのも、手作りの良さかも知れません。来年以降も、裏方として、安全なおまつりになるよう支えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

連合政策研究集会

昨日、連合静岡中遠地域協議会主催の政策研究集会が、袋井市の総合センター会議室で開かれました。

平たく言えば、地域の労働組合役員を対象に、推薦議員が議会報告をするというものです。今回は、市議会議員の順番ということで、袋井市と磐田市がそれぞれ30分づつ担当して、現在の情勢を報告するという内容でした。

袋井市からは、JR袋井南駅周辺の整備と防災について、磐田市からは、JR新駅、福田漁港周辺の整備、スマートインター関連開発計画と会派の活動状況について報告しました。

100名くらい皆さんが、各組合から集まってきて、約1時間半、熱心に聴いてくれました。しかし、100名も集まると、なかなか質問はし難いようで、質疑応答・意見交換といった雰囲気にはなりませんでした。

10名から20名程度の座談会的なものを定期的に開催できると、本音の話も聞けるので、是非、この集会を発展させてほしいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

発達支援

2014 磐田市の発達支援が徐々にですが充実しつつあります。市長の所信表明では、子育てなら磐田を目指す!としていますが、現実は、まだまだ市民のニーズに応えられる状況にはありません。

しかし、組織として子育て支援の充実に向け、着実に歩み始めたことは確かです。本年度から新たに「こども部」が発足。形から入ることが必ずしも良いとは思いませんが、市民・職員の双方に意思を伝える意味では明確な手段と言えます。

その「こども部」に発達支援室を独立して設置し、充実を図ってきた発達支援センター「はあと」をはじめとして、市内の施設、保育園・幼稚園全体のマネジメントを行う体制となりました。

自分の子どもが社会に適応できる標準的な発達をしているんだろうか?両親や親族と離れ、磐田市で暮らし、共働きで子どもを育てる世代の多くは、自分の子どもの育ちに不安を抱えています。

働く場所を全国に求めなければ、なかなか就職できない現代社会において、3世代同居で子育てが出来る家庭は少なくなりました。不安を解消したり、きちんとした医療や療育が必要であれば、そうした対応を社会として行うことが求められています。

もちろん、Uターン政策や同居が出来るような社会構造を模索することも必要と思いますが、ヨーロッパ先進国では、社会で子育てをすることが当たり前になってきている前例を考えると、日本においても、子育ての社会システム整備は待ったなしと思われます。

昨日、発達支援の勉強会で、発達支援センター「はあと」では、相談者が増え、対応しきれない状況であることを聴きました。発達の課題を抱える子どもが増えたわけではなく、支援センターの情報が行き渡ってきたことが要因とのことでした。

しばらくは、大変と思いますが、仕組みが出来始めた今が正念場です。出来る限りの支援をしていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

春の交通安全運動

Dscn2766_800x600 本年度も春の交通安全運動が始まりました。ここ10年以上、減少傾向を続けていた交通事故で亡くなった方が、昨年は県内・磐田ともに増加しました。とりわけ、高齢の方の事故が増えています。是非、気を付けていただきたいと思います。当たり前ですが①横断歩道を気を付けて渡ること②夕方、早朝は光るものを付けて、明るい服装で…。

なお、写真は4月7日、見付地区社協のあいさつ運動と一緒に交通安全キャンペーンを実施しました。あいさつは犯罪防止にもなります。安全で元気なまちを創っていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

磐田桜三景

今日は、小中学校の入学式。年々子供の数が少なくなっているとは言うものの、磐田市では、毎年1,500人近くの子供が生まれ育っていきます。学校生活を、明るく元気に過ごしてもらいたいと願いながら、参列させていただこうと思います。

あいにくの雨模様ですが、元気な子どもたちには関係ないですね…。子どもたちを激励しつつも、実際は、私たち大人が元気をもらいます。

桜も満開を過ぎてしまったので、昨日の満開桜を新入生に送りたいと思います。(写真ですが)
Dscn2725_800x600_2
Dscn2726_600x800_2
Dscn2730_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

春の訪れ

先週末、家内の希望で神戸方面へ小旅行。29日に行って、市内と有馬温泉に宿泊、31日に帰路という日程で、港町と温泉を満喫しようというものでした。

Dscn2722_792x800旅先のエピソードはさておき、とりわけ印象に残ったのは、29日にはほとんど咲いていなかった桜が、30日の大雨を挟んで、31日には8分咲きのすばらしい景色になったことです。

季節を感じながら生活することが少ない現代社会ですが、少し立ち止まって周囲を見渡すと、様々な生命の息吹を感じます。経済成長の情勢に一喜一憂し、領土問題に憤り、科学者までが功を争う、自然は、この様な人類のさらなる発展を許すのでしょうか?

もう少し、この世に生を受けた感謝の心を大切にしたいものです。どうも政治が経済に迎合しすぎているような気がします。ゆっくりと生きる喜びを感じながら暮らす。私たちが目指す社会の理想は、経済的な豊かさではなく、そんな精神的なところにあるのではないか?

そんなことをあらためて感じた二泊三日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »