« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

外国人労働者の受け入れ拡大

6月議会も一般質問・本会議質疑・常任委員会審議と続き、やや余裕がなくなっている状態で、ブログもしばらく「ほっとき」になってしまいました。ジュビロも何とか勝利、また、気合を入れたいと思います。

さて、今日の静岡新聞に、外国人労働者の受け入れについての解説記事がありました。労働力不足を補うということですが、本当にうまくいくでしょうか?疑問です。
というのは、バブル崩壊後の景気回復期に超円高を迎えました。その時の政府の対応が、安い外国人労働力の活用です。

一時的には、日本企業の再生につながったとも言えますが、結局デフレを招き、生産調整、解雇…という状態で、日系ブラジル人を中心とした外国人を振り回してしまったような気がします。その時、労働組合の最前線にいた自分に何が出来たか?
結局、外国人労働者から派遣労働者へと安い労働力の確保へと動いていく社会の流れに何もできなかった。それが真実だったように思います。

今、外国人労働者活用…、報道では、少子化の中で労働力不足になると言われています。本当にそうでしょうか?GDPの総額を増やし経済大国を守ることのみが目的なら、日本国内の生産活動の量を増やさなければなりません。たしかに労働者不足になる可能性はあります。

しかし、一人当たりGDPが高く、福祉国家を実現したスウェーデンやデンマークを目指すことは考えないのでしょうか?
①日本の国の将来像
②そのための知的労働力と肉体労働力の必要量
③グローバル経済下、生産拠点をどこに置くか
④生産活動を目指す若者を育てる実業教育の必要性
などをしっかり考えて方向性を見出してほしいと思います。とりわけ、生産国家としての日本の将来像をしっかり描かない限り、単純に、今よりも就業人口が減るから維持しなくては…、という短絡的な論議に終始し、若者の夢をさらに失わせる結果になってしまわないか?と心配です。
Photo_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

防犯推進協議会総会

昨日、富士見小学校区防犯推進協議会総会という長い名称の会合が、東大久保の公会堂で行われました。

毎日のように、凶悪な犯罪報道がされていますが、犯罪総数は平成14年をピークに減っています。全国では、年間280万件もあった犯罪が130万件へと、静岡県でも6万件が3万件、磐田市内では2千件を超えていたものが千数百件へと半減してきています。あくまでも統計数字なので実感どおりではないと思いますが…Img

一方で、検挙率は、世界一安全と言われた昭和40年ころと比べると半減しています。検挙しにくいような、ネット犯罪やDVのようなものが増えていることも原因かもしれませんが、まちがいなく犯罪の質は変化してきているようです。

そうした中で、間違いなく言えるのは、地域でパトロールをしたりあいさつ運動をしていることが、犯罪抑制になっているということです。富士見町では、平成15年にボランティアによる防犯会を設立、毎日数回の青パトによる町内全域のパトロールをしています。H15年には50件以上あった町内の犯罪件数(自転車ドロ、空き巣狙い…)が、現在では10件を切ることもある状況へと、大きく改善されました。

富士見小学区は、富士見町と元天神町および東大久保自治会の3町が通学区になっていますが、3町で情報交換をしながら、それぞれが工夫して防犯活動をしています。

犯罪ゼロのまちは、こうした住民の力があってこそです。防犯会の皆さん、いつもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

国分寺まつり

Photo磐田市の国府台には遠江国分寺跡があります。奈良時代当時は、日本有数の国分寺であったと言われています。そんな国分寺跡で、6月14日(土)国分寺まつりが開催されました。

国府の役人に扮した実行委員長ほか磐田市各界の代表が入場し、国分寺まつりが開会しました。開会式の後、森町の天宮神社に伝わる雅楽の演奏を聴き、磐田西高茶道部の皆さんにお茶をごちそうになり、会場を後にしましたが、地元自治会の皆さんなども大勢参加し、昨年に比べ、さらに賑やかな催しとなりました。

Photo_2この国分寺跡は、国の指導による史跡調査中ということで、建物の建設や公園化には、国の許可がいることから、現在も、市民に開放されていません。今後は、史跡として市民の憩いの場として活用できるような場所にしていければと思います。

とはいえ、公園として整備されていないだけなので、市役所の駐車場に車を止めて、是非、ひとまわりしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

一般質問の通告

昨日は6月定例会の一般質問通告締切日…何ですか?
定例議会でやっていることは、主に3つです。ひとつは、議案の審議決定です。ふたつめが、一般質問、議員が市民代表として自由に意見を述べ、市長の考えを問うものです。

最後に、市民からの請願や陳情の審議採択、どこの自治体においても多くありませんが、今後は、市民が議会に直接意見や要望、提案し、議会で討議し、議会全体として市長と行政機関に要望したり、議会として条例を制定していくことも重要な議会の機能と考えます。がしかし、そのためには、私たち議員の認識を深めること知識や能力を高めることが必要です。また緒に就いたばかり、慌てずに民意の高まりと一緒に進んでいくことが大切かも知れません。

さて戻って、昨日は、一般質問を通告してきました。通告?そうですね。あらかじめ質問を行政当局に提出する申し合わせになっています。シナリオがあるではないか?ということですが、本会議で「わかりません・調べます」というのでは、何のために傍聴者を入れて、ネット中継をして、議会を開いているか分かりませんので、最低限の責任ある答弁を公式の場で述べることは、大事なこととも言えます。
評価は…傍聴もしくはネット中継をご覧になってから、厳しくお願いしたいと思います。

さて、私の一般質問の骨子を掲載しておきます。質問日は6月20日の5番目、15時ころからということになりました。(これは抽選で決めています。)

1.大きく住民参加の推進についてを取り上げます。
  ①自治会の現状と課題
  ②協働の現状と課題
  ③自治会とNPOなど市民団体との連携
  ④地域情報の一元化について
  ⑤地域人材の育成について
をとりあげ、地域自治の課題と今後のあり方について意見交換。
また、企画への市民意見の収集方法や広報広聴のあり方についても意見交換する予定です。

2.中長期課題についてを取り上げます。
  ①中長期の財政課題についての認識
  ②中長期計画の策定について
  ③中期的なまちづくり課題3件について
を取り上げ、中長期計画と財政についての認識と今後の取り組み方針について意見交換する予定です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

議員懇談会と磐田市議会6月定例会

昨日は、議員懇談会という会合がありました。「議員懇談会」は、毎月、市当局から行政の執行状況について報告を受けるものです。企業に置き換えると、経営側から労働組合に経営状況を報告する「労使協議会」…協議はしませんので「労使懇談会」に相当するものと考えて大きく違わないと思います。

行政からの主な報告は
1.消費税アップに伴う、低所得者と子育て世代に対する国の給付金の支給業務について
⇒国で決まった制度運用の多くは市町が行います。…制度運用は自動的に指示されますが、運用結果の問題点や課題の吸い上げがあったとは聞きません…
2.公民館・コミュニティーセンターの業務見直し
⇒これは磐田市の課題、地域ごとに運用実態が相当異なるようです。したがって、とりあえず、名称を統一して○△交流センターに、業務内容については段階的に…とならざるを得ないようです。
3.磐田市景観計画について
建物の高さや掲示物などの基準を定めたり、歴史文化施設や自然の景観を守るための方向付けをするもの…これからやっていくということですが、継続できるかどうかがカギですね。

といった内容でした。

また、今回の議員懇談会の目的には、6月定例会のキックオフということもありますので、議会運営委員会で決定した議会運営について説明があり、議員全員で確認を行いました。

ということで、13日に議案が提案され、7月10日の採決に向けて審議が行われます。なお、今議会では私も一般質問を行うべく、昨日、通告を行いました。一般質問は6月20日から、もちろん議会傍聴もネット中継も行われますので、是非、のぞいて見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

夢と目標

…頑張れば夢は叶う…スポーツマンや芸能人などのインタビューでは欠かせないフレーズです。本当に頑張れば夢は叶うものだろうか?やや疑問を持ちながらも聞き流していました。先日お招きを受けた磐田青年会議所の50周年記念式典で、磐田出身の実業家「椎木隆太氏」の講演を聞き、あらためて夢・目標というものについて深く考える機会を得ました。

 

Dle椎木隆太氏は磐田市見付の生れ、ソニー(株)に約10年勤務した後、エンターテイメントの会社を設立、現在は、東証マザーズ上場を果たした(株)DLEの代表取締役です。それでは講演の概要を簡単に紹介してみます。

 

『子どもの頃、自分は身の程知らずで「頑張れば何でもできる」と勘違いしていた。普通は大人になる前に壁にぶつかり限界を知ることになると思うが、その勘違いを大人になるまで気が付かなかった。結局、それが(株)ソニーという大企業を退社して自分で事業を始めるという思い切った行動につながったと考えている。

今は、若い冒険心を持った若者も、大企業に埋もれている可能性が大きいと感じる。外に飛び出して自分の夢を追いかけて欲しい。

遠州地域は、豊田佐吉・本田宗一郎を始め、多くの実業家を輩出している。スズキ・ヤマハという地元企業が育ってきたというDNAがある。若者には、自分には出来るという勘違いをずっと持ち続けて、夢を実現して欲しい。』

 

要約すると、こんな内容でした。自分で限界を決めずに思い切ってチャレンジしよう!青年会議所という若き実業家の集まりに相応しい激励の言葉だったと思います。

 

この講演を聞いて自分の中で整理をしてみました。夢は追いかけるもの、達成するのは目標でしょうか。なかなか壁にぶつかることが無く、夢と目標がほとんど変わらない椎木氏のような方は「まれ」ですね。

私たち凡人は、すぐに壁にぶつかります。しかし、あきらめずに新たな目標(それも身近な)に向かって頑張り続けることが人生を豊かにする秘訣ではないでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »