« うれしい知らせ | トップページ | 今どきの若者 »

2014年9月11日 (木)

磐田市議会9月定例会

8日(月)から9月定例会が始まりました。市議会の大まかな流れは、①本会議を招集して議案を提出、説明 ②休会して各議員・会派で議案のチェック ③チェックの間に一般質問 ④本会議で質疑応答 ⑤委員会審査(質疑、討論、採決) ⑥本会議で討論・採決 というものです。

現在は②で休会中、一昨日に会派で打ち合わせをした後、各議員で質疑を準備中というところです。

最初は、労働組合の感覚があったので、議案に対する市民の意見を貰いそれを参考に、議員としての意思を明確にして議会で議論する…といったイメージを持っていたのですが、重要議案は、市長の諮問機関である審議会で議論したのち、パブリックコメントといって、市民の意見を参考に、必要に応じて修正し完成させたものを議会に提出するため、議会は、幅広い視点から審議し最終決定をする機関であることを認識することになりました。

ということは、政策に対する広い知識を持つとともに、社会の動きにアンテナを高くしている必要がありますね。市議会議員は市民生活に密着した課題や事業を取り扱うので、より一層、日頃の努力が必要であることを実感しています。

さて、9月定例会の主な役割は、決算の承認です。本年3月末の決算ですから、やや時間的に遅いことは否めませんが、決算ではその時点の課題を明確に掴む役割を持っているので、非常に重要です。賛否というよりも、課題を明確にして今後に生かせるような議論になるよう、質疑の内容も精査をして、次の本会議に臨みたいと考えています。

また、来年度からスタートする子ども子育て新制度の核となる条例の制定も、重要な議案です。国で決定した内容に従ったすべての市町と、ほぼ同様の内容ですが、子どもを持つ市民が不安にならないよう、一つひとつの制度設計を丁寧に確認する必要があることから、これもしっかり議論していきたいと思います。

|

« うれしい知らせ | トップページ | 今どきの若者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/60296826

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田市議会9月定例会:

« うれしい知らせ | トップページ | 今どきの若者 »