« 静岡県市町対抗駅伝 | トップページ | 子ども子育て支援法について »

2014年12月 8日 (月)

総選挙の争点

今回の総選挙は、争点が不明確なことから盛り上がりが今一つの様です。そこで、自分なりに、民主党と自民党の政策を比較してみました。2014

主な違いは

財政政策…自民党は、アベノミクスの一環として積極的な公共投資を行う一方、民主党は、財政健全化を進めるため、選別を行い優先順位をつけている。

社会保障政策…言葉だけでは良くわからないが、自民党は現行制度の維持、民主党は年金・医療・介護の制度改革を進めるという違いがある。

地方政策…自民党のいわゆる地方創生は、まだメニューが不明だが、公共投資を中心とした交付金を増やす考えのようで、民主党は、地方分権を強め使途は地方が決める一括交付金方式で、税金の分配のみを政府が行うようにする考え方である。

雇用政策…自民党が多様な働き方に対し、民主党が同一労働同一賃金で格差是正を行う政策を示している。

エネルギー政策…これも自民党は原発の有効活用を考えている一方、民主党は徐々に原発を減らし原発ゼロにソフトランディングする考え方である。

政治改革…自民党は明確に示していない、民主党も数字はないが議員定数の削減を明確に謳っている。

なお、外交防衛政策は大きく違わない。違うのは、憲法解釈で乱暴に進めることについて、民主党は国民的議論を求めている点にある。

といったことと思います。
いずれにしても、政治は国民一人ひとりのもの。しっかり考えて、必ず投票にいきましょう。

|

« 静岡県市町対抗駅伝 | トップページ | 子ども子育て支援法について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/60778053

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙の争点:

« 静岡県市町対抗駅伝 | トップページ | 子ども子育て支援法について »