« 水谷選手全日本選手権2連覇 | トップページ | 税制 »

2015年1月20日 (火)

フードバンク

Imgフードバンク山梨を立ち上げた米山恵子さんの話を聞く機会がありました。16日の連合中遠地協と労福協合同の新春のつどいの時でした。講演の後の懇親会の場でも、直接会話をする機会があり、そのお人柄なども感じることが出来ました。

日本の子どもの6人に1人が貧困と言われます。貧困家庭と言われる収入が基準以下の世帯が、どの様な生活をしているか?実際には良くわかりません。

一昨年は生活保護の仲介をし、昨年は生活保護家庭の学習支援事業を見学しました。しかし、生活保護を受けている皆さんすべてに悲壮感があるか?と言えば、法の保護を受けて、それなりに生活できている…という実態が多いことも感じました。

米山さんは、食のセーフネット事業という、生活保護を受けない(受けられない)状況で、厳しい生活を強いられている母子家庭などの世帯を訪問し、その実態を生で感じたという経験を話されました。そうした世帯約400家族の実情を調べると、約8割の世帯が1日当たりの400円以下の食費で生活していたという実態が分かったそうです。もちろん母に子が2人といった世帯での状況です。

インド人に「まず日本人の貧困を救うべきだ」と言われたことが励みになったというお話もされました。経済成長最優先の時代の中で、私たち政治の役割はどこにあるのでしょう?しっかり足元を見た社会制度の設計が必要なことを痛感した米山さんとの出会いでした。

さて、静岡県も遅ればせながら、静大の日詰教授が中心となって、フードバンクふじのくにがスタートしました。こうした助け合いの活動が、しっかり根を張って行けるよう、微力を尽くしたいと思います。

|

« 水谷選手全日本選手権2連覇 | トップページ | 税制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/61002258

この記事へのトラックバック一覧です: フードバンク:

« 水谷選手全日本選手権2連覇 | トップページ | 税制 »