« 早起きは三文の徳 | トップページ | 磐田市議会 2月定例会 »

2015年2月 8日 (日)

近助の精神と地域連携・支えあい

Photo昨日は恒例の防災講演会がありました。本年は、TVにも良く出演されている防災アドバイザーの山村武彦氏の話、専門的?という先入観がありましたが、内容は分かりやすく実践的なものでした。概要を記載しておきたいと思います。

進入禁止のマークはNOを記号化したもの、意味が分かっていればすぐ目に浮かぶ。すなわち、理解できるように伝えないと覚えない。女は弱し、されど母は強し、子どもを守る母は強い、守るべきものがはっきりすれば強くなれるのである。

マニュアルを観ないで対応できるのが危機管理。何を守るか?命・心・時(タイミング)である。「被害者にならず、加害者にならず、傍観者にならず」

まず逃げる防災、そして安全な場所に住む(する)防災。広島の安佐地区では、行政の支援を貰わず、自主避難用サイレンを130万円で設置。そうでなくとも消防団のサイレンを活用すべき。分かり難い防災放送でなく分かりやすいサイレンが良い。

白馬の軌跡…自助、近助、共助で犠牲者ゼロだった。田老の堤防は10メートル、18メートルの津波に効果なかったという報道はまちがい。そもそも、津波の衝撃をやわらげ逃げる時間を稼ぐために作ったのである。こうしたことをみんなで共有して心の堤防を高くするのだ。

経験の逆機能…たかが50年の経験、とらわれてはいけない。陸前高田にはチリ地震の時に襲った4mの津波高さの看板が至る所にあった。これは一見良いように見えるが、これにとらわれ、多くの人が犠牲になった。ハザードマップはあてにならない。しかし、参考になるのだ。持ち出すものは命だけである。

危機状態になると人は「茫然自失になる」…落ち着いて行動できるのは10%、取り乱すのが15%、残りの75%は茫然自失…これを凍りつき症候群と呼ぶ。これは、予期せぬ状況が発生した場合、バイアスがかかるからである。バイアスは先入観を取り去ることで解消できる。大声で叫ぶのだ「逃げろ!」と…。また、経験にとらわれないよう(参考にするだけ)自問自称することが必要である。

悲観的に準備し、楽観的に生活する。時に人はこの逆の生き方をしてしまう。震度6強の地震と15mの津波に備えるのだ。備えは、まず安全ゾーンで命を守ることだ。地震の場合、安全ゾーンは玄関、倒れるものがなく柱が多い。ビルに居たら階段にいることだ。これならすぐに動ける。

火が出たら…まず大声で知らせる、消す、助ける、逃げるである。知らせるには、命の笛が良い。知らせて、近助で助け合うことが人命を守る行動である。

最後に、行政は、こうした近助・共助が発揮できる仕組みを作ることなのだ。

災害から身を守るのは自分自身、当たり前ですが、日常の生活の中でも、ともすると人のせいにする場面がいかに多いことか!防災の講演でしたが生き方を教えられました。

|

« 早起きは三文の徳 | トップページ | 磐田市議会 2月定例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/61103797

この記事へのトラックバック一覧です: 近助の精神と地域連携・支えあい:

« 早起きは三文の徳 | トップページ | 磐田市議会 2月定例会 »