« 子どもたちの未来は? | トップページ | 磐田、その歴史の懐へ »

2015年6月20日 (土)

議会の一コマ

昨日、議会運営委員会が開催されました。議題は2つの意見書の取扱いとこれからの議会改革についてです。

Img_20150617_143522意見書の取扱いについては「所得税法56条の廃止を求めるもの」「安保法制の見直しを行わないよう求めるもの」の2件です。前者は市民団体から、後者は議会の会派から提出されています。

内容は割愛しますが、この意見書の取り扱いを議会運営委員会で審議する目的は、議案として取り上げるかどうか?ということです。しかし、議会運営委員会の構成メンバーは、議会の各会派(≒党派)代表、実質的に議案として取り上げることを委員会で決定すれば、議会として決議することと同様なので、この委員会議論が実質的な「意見書という議案」の審議になります。
なお、意見書は国・県など(主に国)に対し、議会として問題提起するもので、法律で決められた正式ルートの意見表明になります。

2つの意見書、とりわけ「安保法制…」については、国会審議の報道を見聞きして分かるように、会派・党派により考え方が大きく異なります。昨日の委員会では、第一・第二会派から、文章修正をして議会全体として一致点を見出そう…という意見が出され、その取扱いについて、運営の進め方も含め活発な意見交換が行われました。委員長として難しい判断を迫られましたが、結論は出さず、意見や進め方の整理をした上で、再度議論をすることとさせていただきました。

分かり難いかも知れませんが、市議会では、市長から提案された予算や条例の議案審議が中心なので、「質疑で十分な説明を求め、共通理解をした上ですが」ほとんどの議案が可決されます。したがって、本会議を傍聴しても、議員同士が意見をぶつけ合う光景は、めったに見られないのが現状です。これも改善が必要とは思いますが、議会は本会議だけでなく、「委員会」で時間を掛けて議論されます。その中でも議会運営委員会は、異なる考え方の意見調整の場という性格もあるため、かなり頻繁に異なる意見のやりとりがあります。

ネット配信はありませんが、専門分野の議論をする常任委員会も議会運営委員会も傍聴が出来ます。選挙権の拡大も行われ、より一層政治への関心を高めるチャンスだと思います。是非、「委員会」の傍聴もお勧めします。ホームページを観て「議会事務局」に電話してみてください。(残念なことに、議会は平日の10時~17時が基本、ご了承ください)

|

« 子どもたちの未来は? | トップページ | 磐田、その歴史の懐へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/61767898

この記事へのトラックバック一覧です: 議会の一コマ:

« 子どもたちの未来は? | トップページ | 磐田、その歴史の懐へ »