« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

おはなしキャラバンつばさ

ヤマハ発動機の関連会社でつくっている労働組合の集まり「ヤマハ労連」では、毎年、障害者施設を訪問し、人形劇を観劇する機会を提供しています。劇団は、「おななしキャラバンつばさ」という大阪の人形劇グループで、自動車会社の日産が主宰するNPOに加盟して、静岡県西部の公演をヤマハ労連で受け持っています。

2015今年は、浜松の浜北区にある「子羊学園の支援センターわかぎ」という障害者生活介護施設で開催しました。40人ほどの定員ですが、近隣の施設からもバスで続々と集まり、100名を超える観客の中での盛大な公演になりました。

演目は、宇宙で暮す3びきのやぎが、トロールという怪物を倒し、無事、草星という食べ物の豊富な星に到着するという話で、童話の宇宙版?といったところですが、会場の子どもたちとの掛け合いをしながら劇が進行していくという運営で、会場は盛り上がり施設の子どもたちも大喜びでした。2015_2

その後、家に帰ってニュースを見ていると、ハンセン病療養所を世界記憶遺産にしようという活動についての報道がありました。ハンセン病は、体が変形してしまう、長い間、原因も治療法もわかない病気だったため、多くの国で隔離され、人権が守られてきませんでした。日本でも同様で法律が整備されたのも最近になってからという報道でした。

そのニュースを聴きながら、バリアフリーと言いながらも、障害者の施設は結構不便なところが多いし、新設にあたっては、今でも住民の理解を得るのが大変なことを思い、頭でわかることと、心から思うことには、大きな距離があることを、あらためて感じました。

ヤマハ労連では、様々な福祉活動に出来るだけ多くの組合員さんが参加できる機会を設けています。特定の方に偏りがちな面もありますが、こうした福祉活動を通じて「みんな違ってみんないい」ということを実感してもらえればと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

秋の一日

Photo10月下旬にしては暖かい日が続いていると思っていましたが、どうも寒波がやってたようで、昨日の日曜の朝は西風が吹く寒い日になりました。

昨日は、富士見町と見付の運動会、iプラザではふれあい広場と、イベント盛りだくさん…、さらには久しぶりのNHK実況によるジュビロのアウェイゲームは2対0で快勝…と充実の一日になりました。Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

子育てタクシー

健康なお年寄りと子どもたちの夢、成熟社会における次の発展に欠かせません。高齢者の健康寿命と平均寿命には10歳の差があります。10年間は健康でない老後を過ごしているということです。

医療や介護の世話になって暮らす期間は出来るだけ短い方が望ましい訳ですが、なかなかそうならないようです。子育てに目途がついたら自分の老後を自己責任で考えることが大切ではないでしょうか?

Photoそして子育て、私が子どもの頃は、3世代同居が当たり前。たくさんの家族の世話と家事で、お嫁さんは大忙し…といった状況でした。子育ては、空いている家族の役割でした。お嫁さんが家事をしている間、お爺ちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさんが面倒を見ていました。

今は、多くの家が核家族、家計もたいへんですから夫婦共働きをしながら子育てをする…、50年で子育ての姿は様変わりしました。地域社会で子育てをする…、こうした生活スタイルの変化によって子育ても変わらなければなりません。子どもは国の宝でもあります。社会の仕組みとして働きながら子育てが出来るように、知恵を絞ることが、今、政治と行政には求められています。

子育てタクシーの記事が掲載されました。これも一つの選択肢、選択肢をつなげて仕組みへと組み立てていくことが、これからの大切な仕事です。アンテナと意識を高く持ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

2015ヤマハ発動機労働組合は、組合員と家族が自然とふれあうと同時に食の大切さを知る機会を提供しようと、「田んぼクラブ」なるものを運営しています。

農家から休耕田を借り受け、コメ作りの体験を通じて自然に学ぼうという企画です。一昨日の日曜日、50人以上の組合員と家族が参加して稲刈り体験が行われました。

2015_2今ではコンバインで刈り取ることが普通ですが、体験ということで、カマを使って刈り取ります。脱穀はコンバインで行いますが、使い慣れないカマで稲を刈るのは、なかなか大変です。子どもたちも悪戦苦闘しながら収穫を楽しみました。

「いただきます」は、あなたの大切な命をいただきます!という意味。モミから太陽の光と水、そして大地の栄養を吸収して育った稲の命をいただく訳ですから、それを食べる私たちは、大自然の営みに深く感謝しなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

秋の深まり

一日毎に日の出が遅くなり、過ごしやすい朝から、やや寒さを感じる様になりました。季語では寒露というそうで、朝露に寒さを感じる季節の到来を実感します。

201510月13日、9月議会が、すべての議案を可決し閉会しました。今議会は、主に平成26年度決算審議を行いました。輸出型製造業の多い磐田市では、リーマンショックによる減収の影響が大きく響き、長期間の緊縮財政を余儀なくされましたが、平成26年度予算においては、新東名スマートインター整備やJR新駅などの新事業の推進や待機児童ゼロに向けた保育園の定員増加計画、小中一貫教育の推進、防潮堤の整備など、収支バランスを考えながらも、新たな取り組みにもチャレンジできた年度になったと思います。

共産党は、公共施設の使用料などへの消費税課税、財政調整基金(いわゆる貯金部分)の積立額が多いこと、小学校の統廃合、などを問題視し、反対しましたが、賛成多数で可決され、私自身も、決算特別委員会において、賛成意見を述べた上で賛成をしました。

補正予算などの議題もありましたが、決算処理に関する手続きが中心でした。そんな中でも、ふるさと納税が2億円を超える予測から、追加補正を行いました。ふるさと納税制度そのものに対する様々な意見はありますが、磐田市にとっては、地場産品のPRを行いつつ、一定の収入が確保できることから、当面は積極的な施策展開を行っていくことになります。

こうした9月議会が終わり、11月27日の11月議会までは、休会となります。が、この1か月は、来年度予算に向けた、会派としての提案や提言、要望を提出する、大事な時期になります。そして、11月議会では代表質問があり、その準備期間でもあります。

つるべ落としの短い昼間には、市民の声を聴くとともに、行政の実態を調査し、秋の夜長、じっくりと政策を検討し、11月以降の提案につなげる充実した秋にしていきたいと思います。

(なお、写真は、休日に出かけた白川郷周辺の秋の様子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

土と宇宙

医学生理学と物理学の分野で、日本人研究者がノーベル賞を受賞しました。土から採取したバクテリアから、抗生物質を作るという大村氏の研究。宇宙線を検出して宇宙の起源を知るという梶田氏の研究。全く異なる研究分野での快挙で、すばらしい功績だと思います。

大村氏は、民間企業に働きかけ、研究費の支援と研究結果の活用という協力関係を築いた最初の日本人でもあるという報道がありました。実際に多くの命を助け、医薬品メーカーにも大きな利益をもたらしました。

また、梶田氏は、ノーベル賞の先輩、小柴氏の研究をさらに深め、物理学の最先端を極めました。

明日以降も、文学賞や平和賞などの発表があるようですが、ひょっとしたら3人目の受賞もと期待してしまいます。

戦後70年、平和と発展を続けてきた日本と日本人の成果が着実に表れているように思います。国際貢献が必要と言われますが、軍事ではなく、医学や科学の分野での貢献で、世界中の人々から尊敬され信頼される日本でありたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »