« 秋の一日 | トップページ | 市議会レポート第38号 »

2015年10月29日 (木)

おはなしキャラバンつばさ

ヤマハ発動機の関連会社でつくっている労働組合の集まり「ヤマハ労連」では、毎年、障害者施設を訪問し、人形劇を観劇する機会を提供しています。劇団は、「おななしキャラバンつばさ」という大阪の人形劇グループで、自動車会社の日産が主宰するNPOに加盟して、静岡県西部の公演をヤマハ労連で受け持っています。

2015今年は、浜松の浜北区にある「子羊学園の支援センターわかぎ」という障害者生活介護施設で開催しました。40人ほどの定員ですが、近隣の施設からもバスで続々と集まり、100名を超える観客の中での盛大な公演になりました。

演目は、宇宙で暮す3びきのやぎが、トロールという怪物を倒し、無事、草星という食べ物の豊富な星に到着するという話で、童話の宇宙版?といったところですが、会場の子どもたちとの掛け合いをしながら劇が進行していくという運営で、会場は盛り上がり施設の子どもたちも大喜びでした。2015_2

その後、家に帰ってニュースを見ていると、ハンセン病療養所を世界記憶遺産にしようという活動についての報道がありました。ハンセン病は、体が変形してしまう、長い間、原因も治療法もわかない病気だったため、多くの国で隔離され、人権が守られてきませんでした。日本でも同様で法律が整備されたのも最近になってからという報道でした。

そのニュースを聴きながら、バリアフリーと言いながらも、障害者の施設は結構不便なところが多いし、新設にあたっては、今でも住民の理解を得るのが大変なことを思い、頭でわかることと、心から思うことには、大きな距離があることを、あらためて感じました。

ヤマハ労連では、様々な福祉活動に出来るだけ多くの組合員さんが参加できる機会を設けています。特定の方に偏りがちな面もありますが、こうした福祉活動を通じて「みんな違ってみんないい」ということを実感してもらえればと願います。

|

« 秋の一日 | トップページ | 市議会レポート第38号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/62570188

この記事へのトラックバック一覧です: おはなしキャラバンつばさ:

« 秋の一日 | トップページ | 市議会レポート第38号 »