« 土と宇宙 | トップページ | 収穫 »

2015年10月15日 (木)

秋の深まり

一日毎に日の出が遅くなり、過ごしやすい朝から、やや寒さを感じる様になりました。季語では寒露というそうで、朝露に寒さを感じる季節の到来を実感します。

201510月13日、9月議会が、すべての議案を可決し閉会しました。今議会は、主に平成26年度決算審議を行いました。輸出型製造業の多い磐田市では、リーマンショックによる減収の影響が大きく響き、長期間の緊縮財政を余儀なくされましたが、平成26年度予算においては、新東名スマートインター整備やJR新駅などの新事業の推進や待機児童ゼロに向けた保育園の定員増加計画、小中一貫教育の推進、防潮堤の整備など、収支バランスを考えながらも、新たな取り組みにもチャレンジできた年度になったと思います。

共産党は、公共施設の使用料などへの消費税課税、財政調整基金(いわゆる貯金部分)の積立額が多いこと、小学校の統廃合、などを問題視し、反対しましたが、賛成多数で可決され、私自身も、決算特別委員会において、賛成意見を述べた上で賛成をしました。

補正予算などの議題もありましたが、決算処理に関する手続きが中心でした。そんな中でも、ふるさと納税が2億円を超える予測から、追加補正を行いました。ふるさと納税制度そのものに対する様々な意見はありますが、磐田市にとっては、地場産品のPRを行いつつ、一定の収入が確保できることから、当面は積極的な施策展開を行っていくことになります。

こうした9月議会が終わり、11月27日の11月議会までは、休会となります。が、この1か月は、来年度予算に向けた、会派としての提案や提言、要望を提出する、大事な時期になります。そして、11月議会では代表質問があり、その準備期間でもあります。

つるべ落としの短い昼間には、市民の声を聴くとともに、行政の実態を調査し、秋の夜長、じっくりと政策を検討し、11月以降の提案につなげる充実した秋にしていきたいと思います。

(なお、写真は、休日に出かけた白川郷周辺の秋の様子)

|

« 土と宇宙 | トップページ | 収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/62478073

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の深まり:

« 土と宇宙 | トップページ | 収穫 »