« 後援会だより | トップページ | 秋の深まり »

2015年10月 7日 (水)

土と宇宙

医学生理学と物理学の分野で、日本人研究者がノーベル賞を受賞しました。土から採取したバクテリアから、抗生物質を作るという大村氏の研究。宇宙線を検出して宇宙の起源を知るという梶田氏の研究。全く異なる研究分野での快挙で、すばらしい功績だと思います。

大村氏は、民間企業に働きかけ、研究費の支援と研究結果の活用という協力関係を築いた最初の日本人でもあるという報道がありました。実際に多くの命を助け、医薬品メーカーにも大きな利益をもたらしました。

また、梶田氏は、ノーベル賞の先輩、小柴氏の研究をさらに深め、物理学の最先端を極めました。

明日以降も、文学賞や平和賞などの発表があるようですが、ひょっとしたら3人目の受賞もと期待してしまいます。

戦後70年、平和と発展を続けてきた日本と日本人の成果が着実に表れているように思います。国際貢献が必要と言われますが、軍事ではなく、医学や科学の分野での貢献で、世界中の人々から尊敬され信頼される日本でありたいと思います。

|

« 後援会だより | トップページ | 秋の深まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/62426201

この記事へのトラックバック一覧です: 土と宇宙:

« 後援会だより | トップページ | 秋の深まり »