« 政治の行方 | トップページ | 市議会レポート 第40号 »

2016年2月13日 (土)

政治を身近に

20152「政治は生活」以前、民主党が言っていたフレーズです。元々は、狩りや農業などで共同生活をしていた私たちの先祖が、危険から身を守るためにルールを決めリーダーを選んで来たものが、集団が大きくなるにつれ分業化され、いつの間にか政治は政治屋がするもので、市民は任せていればよい…といった状況になってしまったのかも知れません。

いずれにしても、政治は生活、市民・国民みんなが関わって運営していくべきものです。太平洋戦争の敗戦から立ち直り、復興を進めていく過程では、おそらくみんなで助け合い、何とか普通の生活をしよう…という絆があったと思います。

東日本大震災の復興においても絆が叫ばれています。危機に直面した時ばかりでなく、日常の中で絆をきちんと繋いでいく努力が、今、必要とされているのではないでしょうか?

最近は、あまりにも倫理観の無い国会議員の報道が相次いでいることから、昨日行われた、ヤマハ発動機の関連企業の労働組合の懇談会では、議員の本来の役割と、市民一人ひとりが日常的に政治と関わることの必要性について、お話をさせていただきました。

どこまで伝わったか分かりませんが、身近な政治と生活の話を通じて、少しでも政治に関心を持ち、報告会や講演会などに参加してもらえるように、今後も努力していきたいと思います。(写真は、昨日のヤマハ労連関連労組懇談会における報告のようす)

|

« 政治の行方 | トップページ | 市議会レポート 第40号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/63203224

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を身近に:

« 政治の行方 | トップページ | 市議会レポート 第40号 »