« 基本を知る | トップページ | 春の兆し その2 »

2016年2月 5日 (金)

春の兆し

節分が終わり昨日は立春、暦の上では春がやってきました。新聞紙上では、スポーツ選手の覚せい剤常習、大手電機会社の買収など社会や経済の歪を感じる記事が目につきます。

ほとんどの先進国が、経済成長の先を見通せない中で、テロや格差の問題に直面しているようです。日本はどうでしょうか?先進国の仲間入りをして以降、グローバル経済という実態の分かり難い怪物に翻弄されていないでしょうか?金融緩和は、国民に安定と安心を取り戻してくれるでしょうか?来た道を振り返りながら、もう少し、ゆっくり歩いていくことが必要ではないでしょうか?
人間らしいゆったりとした生き方を多くの人たちが見出していけるような時代がやってきて欲しいものです。

Photo2月3日は淡海國玉神社(見付総社)で、ヤマハ発ジュビロのラグビー選手も加わっての豆まきがありました。伝統に沿った神事を一通り終えたのち、四方に矢を放ち、餅をまき、厄払いをして、さあ豆まきです。平日の午後にもかかわらず多くの人たちが集まりました。今年は、ラグビーボールのプレゼントもあり、子どもたちの大きな歓声が響きました。多くの人がつかの間の幸せを感じました。

Photo_2そして昨日は立春、天神社の梅もほころび始めました。厳しい冬でも、今年の様に寒暖の差が激しい冬であっても、必ず春がやってきます。私たちの住む社会も輪廻のように良いときと悪いときが繰り返します。

日本にも、この地域にも、皆が春の兆しを感じられるよう、地道に粘り強く、地域の課題に取り組むことが大切ですね。

|

« 基本を知る | トップページ | 春の兆し その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/63167348

この記事へのトラックバック一覧です: 春の兆し:

« 基本を知る | トップページ | 春の兆し その2 »