« 河津桜とお雛様 | トップページ | 見付交流センターまつり »

2016年3月 5日 (土)

一般質問

議会には一般質問というものがあります。一般的に議会は、執行側もしくは議員から提出された議案を審議し採否を決定することが主な役割ですが、二元代表制という市長と議員が別々に選挙で選ばれる地方議会においては、どうしても市長からの提案を審議する議会運営となりがちです。

そんな中、日頃の議員活動を通じた市民の意見や調査研究結果を基に、それぞれの議員が意見や提案を交えて、市長・教育長を始め執行側の見解を求めるものが「一般質問」です。議員提案は同意する複数の議員が必要ですが、一般質問は個人の考えを述べることが出来るため、多くの議員が活用しています。

しかし、提案を採用するか否かは執行側に委ねられているということもあり、どれだけ市民や市長などに共感してもらえるか?が重要で、個々の議員の力量が問われるものでもあります。

私は今回はお休みして予算審議に集中する予定ですが、昨日から13人の議員が一般質問を順次行う予定となっています。そんな昨日の一般質問から私の主観でいくつか紹介をしておきたいと思います。

Photo渚の交流館の運営について…磐田市南部地域の活力を高めるため、福田漁港の隣接地に飲食店や物販店などを備えたレジャー拠点として渚の交流館を建設する予定。当面は行政が直接運営していくが、将来的には指定管理など民間運営を考えている。
海岸防潮堤の整備について…太田川右岸はH29と竜洋公園内はH31(現在防潮堤高さが6mと低い部分)の完成を目指している。またH28には台風の破損個所の修復を行う。
未婚の親への寡婦控除の適用について…H28年度から実施する予定
聴覚障害者等への災害時の情報伝達方法について…ホッとラインを啓発しているが、ろうあ協会と意見交換しながらTVの活用や民生委員の協力なども検討している。
不登校児童生徒の現状と対応について…磐田市全体では約200名程度で推移している。学校では、児童生徒の個性に沿った対応が出来るよう努力しているほか、H28年度にはスクールソーシャルワーカーの拡大を進めるよう考えている。

|

« 河津桜とお雛様 | トップページ | 見付交流センターまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/63301320

この記事へのトラックバック一覧です: 一般質問:

« 河津桜とお雛様 | トップページ | 見付交流センターまつり »