« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

勤労者の代表「はまぐち誠」がんばれ!

Img_0989 額に汗して働く・・・最近はあまり言わなくなりましたが、私たち労働組合の支援で政治に携わっている者には、最も重要な視点です。
「はまぐち誠」氏には、“額に汗して”が似合います。ボクトツな風貌とやや関西弁がかかった話し方、何よりも人懐っこい笑顔が、その人柄と懐の深さを感じさせます。Img_0980
参議院比例代表は、全国区、自動車総連代表として自動車関係の工場や販売会社のある北海道から九州まで回り、指示を訴える選挙戦です。
Img_0987 先日の日曜、静岡県に入りました。初めての選挙戦で、疲れているとは思いますが、そんなそぶりは全く見せず、集まってきた地元組合員の皆さんに訴え握手をして回っている姿は、労働組合で一緒に活動していたときと変わらず自然体。
社会保障と子育てなど、組合員の声を基にした政策を訴えます。もちろん産業政策も・・・。
まだまだ選挙戦序盤・・・がんばれ浜ちゃん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

参議院議員選挙の争点は?

今、参議院選挙の争点として、アベノミクスの是非が良く取り上げられます。安倍総理は、経済が良くなればすべてがうまくいく様な話をされます。一方で野党の党首は、アベノミクスは失敗ですべてがうまく行っていない様な言い方をすることが多いようです。
経済の問題は、すべての人が少しでも良くなって欲しいと思うものです。その手法の善し悪しで足の引っ張り合いをせず、与野党協力して前に進んでもらいたいと感じるのは、私ひとりではないと思います。
また、今回の野党協力は、安倍政権の強引な手法に対する対抗措置の様に思います。野党が協力する政策は
1.(強引な手法で決定した)安保法制の廃案
2.(アベノミクスの強引な金融政策による)格差と貧困の拡大を改善する
3.(強引な)憲法改正に反対
といった内容と聞いています。私も、内容以前に、その手法に問題があると考えます。
民進党幹部には、政策と政局を整理した国民への丁寧な説明をお願いしたいと思います。が、私自身もサポーターのひとりとして、自分なりに政策を整理してみました。その結果として、自民党と民進党の政策は大きくは違わない・・・が、しかし、私たちの将来の生活に大きく響く部分に違いがあると感じました。それは、
1.自民党は、経済成長がすべてと考えているが、民進党は,生活実態とのバランスと考えていること。
2.自民党は、公共事業をさらに増やすことで景気を支えようとしているが、民進党は投資先を人材育成や研究開発に向けようとしていること。
3.自民党には、議員定数削減や企業献金廃止など民進党が掲げる政治改革がないこと。
4.自民党は法人税減税を、民主党は企業や裕福層、金融への課税を拡大する政策であること。
などです。Photo
憲法や安全保障政策についての具体的な表記は、自民党・民進党どちらの政策集にも無いようでしたので、この点については、今後の報道などで補おうと思います。
比較表を乗せておきますので、このブログをご覧になった皆さんも、是非、政策の是非について考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門立ち

Img_0963 朝の出勤時に、工場の門に労働組合の役員が並んで、報告やお願い、お礼をしますが、これが一般的に門立ちと言われている活動です。
今朝は、ヤマハ発動機の本社正門前で、参議院議員選挙静岡県選挙区の候補者「ひらやま佐知子」氏の応援のため門立ちを行いました。朝、6時50分ころに行くと、既に候補者もスタンバイ、やる気十分でした。
Img_0967 出勤してくる従業員に握手をしたり手を振ったり、そして、8時を過ぎると選挙カーからの街頭演説。ヤマハ発動機は、8時出勤と8時45分出勤があるため、長時間、立ちっぱなしの活動ですが、候補者の「ひらやま佐知子」氏は疲れた顔も見せずに、次の会場へと出かけていきました。
頑張れ「ひらやま佐知子」候補!!皆さんの応援をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

第一声

参議院議員選挙が公示されました。静岡県は2名の定数に対し5名が立候補、有権者の選択を迫る選挙戦に突入しました。
参議院は、6年任期で、3年ごとに半数が改選される仕組みです。衆議院のように解散もありません。したがって、政局に影響されず、政策中心の国政選挙が行われる・・・べきですが、実際には、政局中心とならざるを得ないのが現実のようです。
今回の選挙では、「アベノミクスの是非を問う」「憲法改正もしくは安保法案の是非」「格差問題の改善」などが主張されています。どれも重要で、今回の選挙は・・・だけを問う、というものでは無いように思います。いずれにしても新聞やTVを通じての各党・各候補者の主張を良く知り、誰を選ぶかを自分自身で決めて投票所に足を運ぶことが大事ではないでしょうか。
なお、参議院には「選挙区」と「比例区」があり、それぞれ一人づつに投票することをお忘れ無いように・・・。
Photo また、期日前投票もあります。磐田市は、今日から7月9日の投票日前日まで、午前8時30分~午後8時まで「磐田市役所」の1階で投票できます。また各支所では7月5日から7月9日までとなっていますので、7月10日の投票日に用事がある人でも大丈夫です。是非、忘れないように投票しましょう。
さて私自身は、選挙区では民進党の「ひらやま佐知子」氏を比例区では「はまぐち誠」氏を応援しています。
Photo_2 昨日は、選挙区の「ひらやま佐知子」氏が、各地で街頭演説を行いました。磐田市では、天平のまち前で第一声。彼女は、1年契約で働いていたこともあって、非正規労働者などの格差問題、子育てを中心に福祉制度改革、などに取り組もうと立候補を決意したと聞いています。市議会議員として、格差や福祉の問題に直面してきましたので、そうした現実を聞いてもらい、制度として確立するような仕事をしていただきたいと思い、しっかり応援していきたいと思っています。是非、共感していただける皆さんのご支援をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

磐田市議会 6月定例会

6月13日から6月議会が始まりました。13日に議案が提案(上程と言いますが・・・)されてからその週は休会。週が明けて20日・21日と11名の議員による一般質問が行われ、23日に議案の本会議質疑、24日が常任委員会の審議となります。
その後、予算関係の議案は、予算決算委員会の審議採決を経て7月6日に、本会議の採決を行い閉会となります。
会期は24日間ですが、実質の会議は8日間・・・日程だけを見ると、ほとんど仕事をしていないじゃないか?とお叱りを受けそうですが・・・。
さにあらず会議の日程は、議案が示されてからの調査や会派の意見調整期間、委員会議論の整理や採決に向けた意見調整などがあり、会議以上に会議室以外での議員間の議論が必要になりますので、その時間も考慮しています。
いずれにしても、税金を使って審議していることを忘れず、市民目線でしっかり議論しなければと思います。
20166 さて私は今回、2つのテーマで一般質問を行いました。その紹介を簡単にしておきます。
ひとつは行財政改革、公会計制度の実績と今後の行財政改革への取組みについて市長の姿勢を聞きました。市長答弁は「今後も改革に取組む。人材の育成や若者が活躍できるように行財政改革の成果を生かしたい。」というものでした。二つ目は公園の整備で、特に国分寺跡やツツジ公園の整備について、「具体化には意見調整が必要ということから、早期の整備については慎重に考える。しかし、観光や市民憩いの場の整備に投資する必要性は感じている」という答弁でした。
地域社会で子育てをし、高齢者を見守っていく時代になりました。水と緑は人の豊かな心を育てます。行革を進める一方で、人と自然との共生への投資を確保していくことは、とても大切なことと考えています。多くの市民の共感が得られるよう、今後も、このテーマの働きかけを続けていこうと思います。
PS 1ヶ月以上も更新をサボってしまいました。6月初から再開するつもりでしたが、何とパソコンがダウン。電気屋さんに相談したところ、おそらくソフト(ウインドウズ10)の問題、時間もお金もかかりますよ!という言葉で、思い切って最新機を購入しました。メールも何とか移行が済んだので、これからは頑張って発信していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »