« 不安と希望 | トップページ | 行政の子育て支援のあり方 »

2016年7月31日 (日)

犯罪の変化と政治の役割

Photo 障害者施設で痛ましい犯罪がありました。多くの命が失われました。心よりご冥福をお祈りしたいと存じます。
さて、覚醒剤の常習事件や家族や通りがかりの殺傷事件・・・etc、信じられない事件が頻発しています。交通事故でも、群衆に突っ込んでいくような考えにくい事故?がたびたび報道されるようになりました。
そんな中、先日の新聞に「刑法犯は1980年以降で最も少なくなった。」という記事が掲載されていました。統計を観ると、高度成長期後期からバブル期にかけて激増した犯罪は、2000年代に入り徐々に減少し、世界一安全と言われた昭和30年代40年代に近い発生数になっています。
新聞に踊る記事から想像する「日本も危ない国の仲間入り?」という感覚とは、かなり違うようです。
警察からの情報では、この地域も犯罪全体では、全国や県と同様に減少傾向が続いているとのこと。ただし、オレオレ詐欺などは増加傾向にあるようです。
新聞記事だけを見ていると、日本がどんどん危険な国になっていくように思ってしまいがちですが、「件数は減っているが、犯罪や事件が先鋭化したり特殊になっているのでは?」といった問題意識を持つ必要があると感じます。
日本でも経済格差が大きくなっていると言われます。グローバリズムの狭間で、苦しんでいる人たちが宗教に助けを求め先鋭化していく「テロ」と共通しているような気もします。
私たちにとって「幸せ」とは何か?何を求めていくことが発展や成長と言えるのか?について問い直す時期が来ているように思います。
政治の役割は、経済成長ではなく、人々の幸せではないでしょうか?

|

« 不安と希望 | トップページ | 行政の子育て支援のあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/63981438

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪の変化と政治の役割:

« 不安と希望 | トップページ | 行政の子育て支援のあり方 »