« 夏のひととき | トップページ | 社会参加促進フェア »

2016年8月24日 (水)

障害者総合支援施設

Photo_3 去る8月22日、磐田市の(仮称)障害者総合支援施設の起工式が行われました。磐田市と聖隷福祉事業団の話し合いが整い、国・県・市の支援を受け、聖隷福祉事業団が事業を行うものです。
障害者が自立し健常者と一緒に助け合いながら生活できる環境を整備すること、いわゆるバリアフリー社会が私たちの目指す目標となっています。そんな中で、磐田市ではこれまで、遅れていた重症心身障害者へのケア、発達障害の早期支援、精神障害者の支援、障害者の就労支援などを、一歩一歩進めてきました。
私のブログでも時々紹介していますが、そうした取組みにより支援が充実される一方で、課題も明確になってきました。
それが「ゆりかごから墓場まで・・・」生まれてから教育を受け仕事をし老後を過ごすという障生涯を通じた切れ目のない支援の必要性です。かかりつけ医の重要性が叫ばれていることと同様に、障害者がその障害を個性として受け入れて日常生活を続けていける支援体制が必要です。
今回、聖隷福祉事業団が進めようとしている総合支援施設は、そうした継続支援の拠点となるものと考えています。社会福祉法人やNPOが行っている生活介護や就労継続支援施設や企業の障害者雇用との連携を図りながら、地域全体に目配り出来るような施設になって欲しいと思います。

|

« 夏のひととき | トップページ | 社会参加促進フェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/64103259

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者総合支援施設:

« 夏のひととき | トップページ | 社会参加促進フェア »