« 障害者総合支援施設 | トップページ | 市議会レポート第44号 »

2016年8月31日 (水)

社会参加促進フェア

Photo 少し前まで普通だった60歳定年が、最近では働き方は様々であっても多くの企業で65歳まで働くことが出来るようになりました。さらに、人生80年、10年以上の新たな人生が待っています。
この10年をいきいきと過ごすことが出来るか否か?自分にとってはもちろん、家族にとっての幸せにつながります。また、人口が減少していく社会をソフトランディングしていくためにも、企業で培ったノウハウを社会全体に活かし、次の世代に継承していく必要があります。
残念ながら、40年近くも、地域社会と無縁の生活を続けてきた人が、新たな人間関係を築き、自分のポジションを自ら見出していくことは、なかなか大変です。出来れば、ある一定の年齢以降は、地域社会へ積極的に参加できる「時間に自由度のある働き方」が選択できるような企業側の努力によって、助走期間をもてるようになればと思いますが・・・。
 
昭和30年代までは、地方に住む多くの人は、農業もしくは自営で家内工業や商店を営んでいました。そうした人たちが地域の消防・水防や簡易水道の運営、お祭りなどを自分たちで手分けして行うことは、自然の流れでした。少なくとも、私の祖父は一度も勤めに出ず、農業や織物工場の経営などと地域の仕事を区別することなく日常生活としてやっていたような気がします。
それから半世紀以上が過ぎました。8割以上の人たちは(男女問わず)勤め人になりました。そして定年を迎えると地域社会に戻ります。
生まれてから20年、定年を迎えてからも約20年、併せて40年。人は、40年を地域で40年を企業(を中心に)で過ごす・・・ということになります。
高度成長時代に「役所にお任せ」してきたツケは、1,000兆円を超える借金に膨らんでいます。その結果、公務員定数は毎年のように削減され、地域課題へのきめ細かな対応は不可能になってきています。
今一度、地域社会を、そこに住む住民の努力で活性化していくことが必要です。それをすることで、地域に戻った企業人OBの生きがいづくりにもなります。私も60歳になり、自分の人生と、こうした課題を照らし合わせ、地域社会の再生に努力していきたいと考えています。
そこで、社会参加促進フェアの宣伝です。連絡いただければ申し込み用紙送ります。

|

« 障害者総合支援施設 | トップページ | 市議会レポート第44号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/64125854

この記事へのトラックバック一覧です: 社会参加促進フェア:

« 障害者総合支援施設 | トップページ | 市議会レポート第44号 »