« 2017年1月 | トップページ

2017年4月

2017年4月26日 (水)

医療費削減を考えたい!

医療費の伸びが財政を圧迫しています。そうした現状を少しでも改善しようと、緩和ケアや延命治療の見直しなどが行われています。また、在宅医療を中心とした地域包括ケアシステムの構築も進んできました。
しかし、高齢になっても何とか医療の力で長生きしたい…という人にとって当たり前の欲求に対応するため、高度医療は日進月歩で進んでいます。
医療費の削減は、病気になってからでは遅いと言われます。いわゆる健康寿命を延ばし、医療に係る時期を出来るだけ短くすることが、医療費削減の唯一の方法かも知れません。
2017426 今日の静岡新聞に、袋井市が健保協会と健康データ活用の提携をした、という記事がありました。サラリーマンは、企業の健康保険組合(いわゆる健保)に加入していますが、定年を過ぎると、国民健康保険(国保)に移行します。国保は自営業の方が主に加入していますが、こうしたサラリーマンOBも含め、高齢の方が多いという構成になっています。
したがって、健保の健康データは、高齢になる以前の生活習慣や医療履歴という、病気を未然に防ぐための情報として有益と思われます。
袋井市の研究に期待したいと思います。(磐田市も本年度から、医療費分析に力を入れると聞いていますので、両市の情報交換も重要です。議員として、働きかけたいと思います。)
医療保険や介護保険は、保険料だけでは運用できず、多くの税金が投入されています。医療・介護に年金などを含めた社会保険支出は、年々増加しており、教育や公共事業経費を圧迫しています。医療費の削減、最低でも抑制は、市町だけでなく、国としての喫緊の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

正しいこと

自分が正しいと思っても、人それぞれに価値観が違うため、かならずしもそうでないことが多くあります。例えば、平和を願う気持ちは同じでも、その実現のためには「武器を放棄する」「抑止力を持つ」…と正反対の考えがあります。
また、豊かな生活のためにはエネルギーが必要という考えは同じでも、その手段については様々な考えがあります。
テロは悪いことだと言う認識はほぼ共通と思いますが、テロが起こる原因を考えると、様々な層の正義同士が争っているという現象とも言えると思います。
 
市議会においても、議員はそれぞれの「正しい」を背負って当選してきます。したがって、大なり小なり、その「正しい」を巡っての議論が行われなければなりません。その上で、一定の合意形成や多数決による方向性を決めて、行政に提案していくような議会が望ましいと思います。
しかし、これまでの議会は、どちらかといえば、議論して合意形成をしていくということよりも、議員それぞれが、個々に行政へ主張していくという傾向が強くありました。(あります。)
互いを思いやる心、という点については、小学校のころから親にも先生にも言われて育ちますが、議論をして合意点・妥協点を探すことについてや、自分の考えと違っても、決まったことはしっかり守るという教育は、あまり受けてこなかったような気がしますし、日本人全体が不得意ではないでしょうか。
価値観が多様化した現在、議会制民主主義の根幹に関わる、議論して合意形成を図る、そのプロセスを出来るだけ多くの有権者と共有できるような議会を目指したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

気持ちも新たに

Img_1746 選挙から一夜が明けました。ある方から掛けていただいた「頑張れよ!当選してから…」という言葉が耳に残っています。
お世話になっている支援者の皆様のおかげで3回目の当選を果たすことが出来ました。心から感謝しています。
3期目は、本当の実力が試されます。「市民の声をよく聞くこと」「調査や研究に妥協しないこと」「粘り強く提案し続けること」を心がけ、市民への報告を欠かさないよう努力したいと思っています。
もちろん、議員個人としてだけで無く、議会として出来るように働きかけなければ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

投票箱が閉まるまで

Photo 選挙は水物。むかし、ある人が、選挙事務所に持っていくお酒(昔はOKでした)がもったいないので、水を入れてフタをし、自分一人くらい分からないだろう!と、選挙事務所に持って行ったそうです。選挙が終わり、その選挙事務所の人が、お酒を開けてみると、全部水だった…
それから選挙は、ふたを開けてみないと分からない…水物だ!と言われるようになったという作り話があります。
水物にならないよう、最後まで気を抜かず、キチンとやるべきことをやり続けることが大切です。
是非、皆さんの最後までの応援をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公共サービス

よく公共サービスという言葉を使います。市民に対し、市役所が行う様々な役務のことを指していますが、サービスと言う言葉が、「おもてなし」的意味を持っていることから、公共について、市役所から「与えられるもの」と思ってしまいがちです。
しかし、公共は、市民皆で分かち合うものです。
意識していませんが、本来は市民が手分けして行うべきことを、私たちは税金で、職員を雇い、ゴミの処理や上下水道、道路や橋を架けること、そして安全や安心を確保するための警察や消防の仕事を担ってもらいます。
415 少子高齢社会そして人口減少時代を迎え、私たちは、この公共をどの様に担っていくか?そろそろ、本音の議論をし、時代に対応出来る仕組みに変えていく必要があります。もっと税金を増やし、職員の数を増やして対応していくのか?、それぞれの地域で住民が助け合って公共を分担し、税金をあまり増やさないようにするのか?
私たちは、選択を迫られています。私が地域コミュニティの重要性を訴えているのは、こうした危機感からです。
 
今日の朝刊に、ヤマト運輸の宅配サービスを例に、過剰サービスと労働者の負担についての記載がありました。サービスと労働もよく似ています。私たちは消費者の顔と労働者の顔の両方を持っています。とかく厳しい消費者になりがちですが、それは労働に跳ね返ってきます。本来、自分で行うことを分業して社会が成り立っていることを、私たちはもう一度思い起こすことが必要ではないでしょうか?
「産業革命がなければ今の豊かさはなかった?しかし、労働組合もいらなかったのでは?」労働組合の原点からも、地域社会を考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

いよいよ選挙戦終盤

Img_1741 あっという間に木曜日が終わりました。選挙戦は残り金・土の2日を残すのみとなりました。どの陣営も必死に街宣活動をしています。26議席を32人が争っています。私自身も、選挙戦前の後援会活動、この選挙戦を通じて、多くの候補者が立っている地域では、これまでの後援者も二つ返事してくれない厳しさを感じています。
最後まで緊張感を切らさず、しっかり活動していきたいと思います。応援、宜しくお願いします。写真は、磐田駅北口での街頭演説、労働組合時代の盟友で、現在は参議院議員のはまぐち誠さんが、応援に駆けつけてくれました。ありがとうございました。すばらしい応援演説が心に染みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域づくりは人づくり

Img_1733 地方も地縁血縁社会から無縁社会へと変化してきています。しかし、遠くの親戚より近くの他人という言葉があるように、人間は、近隣で暮らす人々が助け合ってこそ、安全で安心した暮らしを営める動物ではないでしょうか?
しかし、個人主義という名の下に、近所づきあいが希薄化してきました。東日本大震災で、も直されたとは言うものの、個人主義的傾向は続いているようです。
誰もが最初は知らない同士です。挨拶を交わし、一緒に汗を流すことで、近所づきあいが始まります。
私自身も60歳を過ぎ、「生きること」「生活すること」Photo 日常に小さな幸せを見出すことの大切さを、日々感じています。
人の間と書いて人間と読ませる…古く古代から、日常の人間関係が、私たちにとって無くてはならないものであることを、教えているように思います。
「地域づくりは人づくり」十人十色の人と人との橋渡し役、そうした役割も果たせるよう、人としての感性を磨く60代になれば…
選挙戦も終盤、朝6時から夜8時まで、全力で戦い抜きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

雨の選挙戦

Photo朝、6時15分にヤマハ発の労働会館を出発すると…もちろん街宣車は別で体一つですよ…6時50分に、松之木島の某楽器メーカー正門に到着。雨脚が強くなる中、労働組合の恒例、「門立ち」を開始、旗を持って「おはようございます」の挨拶と「お願いします」を通勤してくくる社員の皆さんに声かけします。社員の皆さんは「おはよう」たまに「頑張ってください」の応答…という感じで、通勤がほぼ終わる7時50分過ぎまで門の前で門立ちです。
その後、街宣車に乗り換え、しばし走った後、今度は「昼立ち」…これは食堂の出口に待ち構え、食事を終わった社員に「こんにちは」と「宜しくお願いします」の声かけです。
  ヤマ発の某食堂は、規模が小さいにもかかわらず、食事をする人数が多いため5交代のシフト制です。11時半から初めて終わったのが13時10分ころ、そのあと食事をし、街宣車に乗り、しばし街宣、そして急に雨脚が強くなった中での街頭演説、そして街宣…夕方、晴れ間が見えたと思ったのもつかの間、選挙事務所に着く頃はまたパラパラと…、とにかく雨・風・雨の一日でした。
 
しかし、磐田市議会議員候補者全員が同じ条件、雨にも負けず、風にも負けず、…にも負けず、当選に向けて、全力疾走あるのみです。
そんなわけで、今日の写真はなし、昨日の追加をのせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

市民が主役のまちづくり

Img_1725 わたしの後援会リーフレットの最初に「市民が主役のまちづくり」と記載しました。そして、この市民が主役という言葉に、「市民の様々な意見に耳を傾けよう」という思いと「市民一人ひとりが自分が中心となってまちづくりを進めよう」という二つの思いを込めています。
後者についてですが、私たちは、とかく誰かがやってくれるだろうと思いがちですが、結局誰もやらず、商店街が閑散としている状態を経験しています。
磐田市においても、何とか中心市街地の活性化をしようと区画整理をし再開発ビルを建設しましたが、残念ながら、賑わいは戻っていません。
私の愛読書「ローマ人の物語」キリストの勝利(中)の一文を紹介します。
「アンティオキアの繁栄に影が差し始めるのは、ユリアヌスの時代からは100年後に著しくなる、ペルシア軍の侵攻と地震による被害が重なって起こる時代に入ってからである。と言っても、ペルシャ軍による焼き討ちや地震による破壊が、五世紀に入ってとくに集中したのではない。焼き討ちや破壊からの再建に必要な、住民の意欲と資力が衰えたからであった。それまでも皇帝による再建支援は行われたが、ローマ人の考えでは、皇帝の援助さえも全能ではなく、地方自治体や個人の自助努力を支援するにすぎないとされていたからで、人災でも天災でも、その不幸を乗り越えての再建は、実際上は、そこに住む人の意志と資力によるのである。」
うーん、人間の意志や知恵は、古代から進化していないどころか、退化しているのでは?と思わす考えてしまうような記述です。
磐田市においても、様々な課題が山積をしていますが、産業しかり、地域づくりしかり、それぞれに携わる人たちの思いと行動を引き出し、それを支えていくのが行政の役割ではないでしょうか?
少子高齢化、人口減少時代を迎え、日本全体も地方自治体も財政事情は益々厳しくなります。子どもや孫の時代に負担を先送りしないためにも、「市民が主役のまちづくり」の共有が必要ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

本番一日目

49_4 磐田市議会議員は、32名の候補者が26議席を争うことになりました。大変厳しい戦いになると思います。選挙は水物、絶対と言うことはありません。最後まで気を緩めず、戦い抜きたいと思います。
今日は、8回の街頭演説を行いました。演説の骨子は、
8年前、リーマンショック直後、最初の立候補では、雇用の心配を少しでも減らそう、そのための産業振興に力をいれたい。厳しい経済環境で、共働き世帯が増加している。子育てが大変。子育て支援に力を入れよう。という考えから、産業雇用と子育て支援に重点を置いて取り組んで来ました。また、そうした事業を支え、子どもや孫の世代の負担を軽減するため、市の財政健全化を推進しようと行財政改革を提言してきました。
磐田市は、この8年間で、スマートアグリカルチャー事業や下野部工業団地への企業誘致とスマートインターの建設などを手がけ、学生の就職セミナーを開催し、子育て支援に積極的に取り組み待機児童ゼロを達成するなど、私が提唱した政策を推進してきました。しかし、新事業や企業誘致は緒に就いたばかり、子育て支援は個々のニーズに合った相談機能の充実が必要と、課題は山積しています。
市民の声を聴き、現状の分析を進めながら、的確な政策を実行していく必要があると思います。
また、行財政改革も、着実に借入金を減らしながら、メリハリのある事業推進を行うという予算執行は定着してきましたが、借入金の絶対値は1,000億円を超えており、利子の支払いを考えても、子ども世代の負担が増加することは避けて通れないと考えられ、さらなる行財政改革の必要を感じています。
こうしたことに、キチンと目を向けて、市民にオープンにして、市民と議会が一緒に知恵を絞る必要があるのでは?具体的な進め方を模索したいと思います。
 
といった内容です。皆様からのご意見もお聞きしたいと思います。お寄せいただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月9日の朝

49_3 告示日の朝、珍しく霧の朝となりました。
後援会活動が終わり、いよいよ本番、3回目となりますが、仕事や勉強と違って、達成感ではない複雑な気持ちで迎えています。まだまだやり残しがあるのでは?という思いと、これだけ努力したんだから!という気持ちが絡み合っているという状況でしょうか。
いよいよ本番、選挙戦は応援していただく皆様が主役。皆さんの応援に応えられるよう笑顔を絶やさず、前を向いて、この一週間、全力で頑張ろうと思います。
この霧が晴れて、快晴の最終日を迎えられることを願って…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

いよいよ本番

Photo 明日は4月9日(日)磐田市長選挙と市議会議員選挙の告示日です。市長選は2名が、市議会議員選挙は、26の議席に32名が立候補する予定、その一人が私自身、3回目の経験になりますが、何とも言えない気持ちになります。
労働組合から推薦されたといっても、決断したのは自分自身、身を粉にして、市民の代わりに苦労を背負うという使命感を持って明日を迎える責任があります。4年間の議員活動と後援会活動に審判が下る、この一週間。街頭で、これまでの活動と今後の決意を、市民の皆様に、しっかり訴えていきたいと思います。
が、後援会活動の残り14時間、時間の許す限り、会員の皆さんに支援やお手伝いをお願いして回りたいと思います。
選挙事務所開き・出陣式は明日
4月9日(日)10時~
松野まさひろ選挙事務所前
(富士見町2-11-1:富士見町の真ん中)
期間中いつでも、お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

4月29日は「いわた大祭り」

Photo_2 第17回目となる「いわた大祭り・遠州大名行列・舞車」が、4月29日(土)に開催されます。今回は、磐田市と駒ヶ根市の友好都市50周年を記念し、駒ヶ根市長をお招きすることになりました。
ストーリーは「信濃守・中泉代官ご対面」と題し、見付宿本陣で、信濃国と遠江国の領地受け渡しの評定が行われるという設定。駒ヶ根市長が信濃守、磐田市長が中泉代官に扮した芝居をメインに、見付の西木戸から東木戸へと、100名を超える大名行列が進みます。
マーチングパレード、舞車おどり、舞車引き合わせと街道を会場にした催し物が、朝10時から夜8時まで続きます。また、沿道には出店が並び、路上パーフォマンスや祭り囃子なども行われ、楽しい1日が過ごせると思います。是非、足をお運びください。
なお、私は、路上パーフーマンスと賑わい市(軽トラ市)の世話役担当として、裏方で参加します。それも楽しみのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

入学式

今日は磐田市立の小学校・中学校の入学式。午前中が小学校で午後が中学校と合理的な運営です。私は富士見小と城山中学の入学式に参列しましたが、今年は、例年と違うことが2つもありました。
Photo 一つは、桜が全く咲いていないことです。遅れるという報道はありましたが、本当にちらほらの状況で入学式を迎えるのは、議員になって8年、初めての経験となりました。異常気象のせいなのか?それとも何年(何十年?)に一度の循環なのか?毎年のようにゲリラ豪雨や雷などの被害があり、心配です。
二つ目は、富士見小・城山中ともに市長が参列されたことです。市内の小学校は22校、中学校は10校あるため、普通に考えると市長が参列されるのは、中学校で10年に一度、小学校では22年に一度の確立になります。いずれにしても、富士見小・城山中の新入生は運が良い??ですね。
さて、4月は、学校も企業でも、新入生、新入社員が、わくわくドキドキしながら春を迎えます。適度な緊張感を持って、新たな挑戦をして欲しいと思います。
私自身も、60歳還暦を迎えての最初の挑戦、その結果が4月16日に決まります。残り10日、自分が出来る最大限の努力をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

市議会レポート第48号

市議会レポート最新号(第48号)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気でやさしいまち磐田

2017_04_02_ 諸事情?により、長期間、更新していなかったブログに向かっています。自分の思いや考えをまとめるのに、文章を書くことは大切です。忙中閑あり、選挙戦間近ですが、出来るだけ更新していきたいと思います。
さて、3期目に向かう政策を「元気で優しいまち磐田」という言葉に表しました。
元気なまちとは、産業に活気があり、スポーツや文化活動がさかんなまちです。
優しいまちとは、子どもとお年寄りが暮らしやすい地域コミュニティ。
日本全体が発展や向上から遠ざかり、現実社会からバーチャルへと志向が変化しているように思います。そんな中での少子高齢化…。元気なお年寄りが社会を支え、若者が夢に挑戦し、子どもがのびのび育つ、そんな未来への橋渡し世代が掲げる「元気で優しいまち磐田」という公約です。
議員は市民の代議員。税金を使って具体的に何をするか?については、主役である市民の声に耳を傾け、議員同士で話し合って決めていくことが大切です。それも市民に見える形で…。
議会制民主主義と言いますが、今一度、その機能の点検をする時期に来ているように思います。「市民が主役のまちづくり」は、市民参加の機会を増やし、市民・議会・行政のバランスを、もう少し市民側に動かしていきたいという思いからの公約です。
今回は、考えのみを綴りましたので、次回以降は、具体的な施策についての考えを記載していければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ