« 気持ちも新たに | トップページ

2017年4月20日 (木)

正しいこと

自分が正しいと思っても、人それぞれに価値観が違うため、かならずしもそうでないことが多くあります。例えば、平和を願う気持ちは同じでも、その実現のためには「武器を放棄する」「抑止力を持つ」…と正反対の考えがあります。
また、豊かな生活のためにはエネルギーが必要という考えは同じでも、その手段については様々な考えがあります。
テロは悪いことだと言う認識はほぼ共通と思いますが、テロが起こる原因を考えると、様々な層の正義同士が争っているという現象とも言えると思います。
 
市議会においても、議員はそれぞれの「正しい」を背負って当選してきます。したがって、大なり小なり、その「正しい」を巡っての議論が行われなければなりません。その上で、一定の合意形成や多数決による方向性を決めて、行政に提案していくような議会が望ましいと思います。
しかし、これまでの議会は、どちらかといえば、議論して合意形成をしていくということよりも、議員それぞれが、個々に行政へ主張していくという傾向が強くありました。(あります。)
互いを思いやる心、という点については、小学校のころから親にも先生にも言われて育ちますが、議論をして合意点・妥協点を探すことについてや、自分の考えと違っても、決まったことはしっかり守るという教育は、あまり受けてこなかったような気がしますし、日本人全体が不得意ではないでしょうか。
価値観が多様化した現在、議会制民主主義の根幹に関わる、議論して合意形成を図る、そのプロセスを出来るだけ多くの有権者と共有できるような議会を目指したいものです。

|

« 気持ちも新たに | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/65173437

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいこと:

« 気持ちも新たに | トップページ