« 正しいこと | トップページ

2017年4月26日 (水)

医療費削減を考えたい!

医療費の伸びが財政を圧迫しています。そうした現状を少しでも改善しようと、緩和ケアや延命治療の見直しなどが行われています。また、在宅医療を中心とした地域包括ケアシステムの構築も進んできました。
しかし、高齢になっても何とか医療の力で長生きしたい…という人にとって当たり前の欲求に対応するため、高度医療は日進月歩で進んでいます。
医療費の削減は、病気になってからでは遅いと言われます。いわゆる健康寿命を延ばし、医療に係る時期を出来るだけ短くすることが、医療費削減の唯一の方法かも知れません。
2017426 今日の静岡新聞に、袋井市が健保協会と健康データ活用の提携をした、という記事がありました。サラリーマンは、企業の健康保険組合(いわゆる健保)に加入していますが、定年を過ぎると、国民健康保険(国保)に移行します。国保は自営業の方が主に加入していますが、こうしたサラリーマンOBも含め、高齢の方が多いという構成になっています。
したがって、健保の健康データは、高齢になる以前の生活習慣や医療履歴という、病気を未然に防ぐための情報として有益と思われます。
袋井市の研究に期待したいと思います。(磐田市も本年度から、医療費分析に力を入れると聞いていますので、両市の情報交換も重要です。議員として、働きかけたいと思います。)
医療保険や介護保険は、保険料だけでは運用できず、多くの税金が投入されています。医療・介護に年金などを含めた社会保険支出は、年々増加しており、教育や公共事業経費を圧迫しています。医療費の削減、最低でも抑制は、市町だけでなく、国としての喫緊の課題です。

|

« 正しいこと | トップページ

コメント

ヤマハ発動機でも会社と組合で検討されては如何ですか。

伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表した。国立がん研究センター中央病院(東京・中央)と提携し、40歳以降の社員は5年ごとに全身のがん検診を無償で受けられるようにする。高額な治療費がかかる「高度先進医療」も、提携保険会社を通じて伊藤忠が費用を全額負担する。(2017年8月22日の日経新聞記事)

投稿: 吉田 勝彦 | 2017年8月23日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/65198674

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費削減を考えたい!:

« 正しいこと | トップページ