共同参画

2011年7月31日 (日)

ともりあフェスタと水曜日のおべんと箱

ともりあとは、磐田市男女共同参画センターのことです。全体の感想は「ちょっとさびしい」です。

Sany0011男女共同参画という言葉は定着しましたが、なかなか活動がはっきりしないような気がします。皆さん懸命に活動されていますが、かならずしも男女共同参画…?と銘打つ必要性があるかどうか疑問です。

子育て支援や環境問題などに取り組んでいる女性を中心としたグループの活動発表会というようなフェスタでした。

磐田市の組織が本年度から、男女共同参画も含んだ市民活動全体を統括する形に変わりました。力が入らなくなったと問題提起する人もいますが、共同参画と大上段に構えず、テーマを中心に肩の力を抜いた活動へ転換する時期かもしれません。

Sany0014   さて、写真は、私の応援する「劇団 水曜日のおべんと箱」。男女共同参画の見本の様な劇団です。観客が少ないとさみしいと思っていましたが、応援団も出来たようで、なかなか見応えのある公演でした。

これからも頑張って!それこそ、肩の力を抜いて、観客と一緒に楽しむ演劇をお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

企業と女性

Photo 写真は、工場の現場で事務をしている女性の皆さんとの懇談会の様子です。

二輪や自動車のエンジンの工場は、作業の内容から男の比率が高くなっています。そんな職場で、勤務の管理や福利厚生の事務を一手に任せられている人たちです。

この女性の皆さんがいないと工場で働く人が困ってしまい、品質の良いオートバイが造れなくなってしまうのです。油まみれになって働く工員さんを支えてくれているわけです。

話を聞いていると支えているのはそれだけでなく、どうも課長がやるべき仕事まで任せられているところもあるようです。

今日、オリンピックで浅田真央ちゃんが銀メダルを取りました。スポーツの世界でも女性の活躍が目立ちます。企業においても、今日の懇談会に来ていただいたような女性が、職場の要として働いていますが、子供を産み育てる間のブランクは大きいようですし、渉外関係の仕事にはなかなか入り込めないようで、管理職や経営者層になると、女性の姿は急に少なくなります。
製造業ではない、市役所においても管理職の女性は数えるほどです。社会的な仕組みも含めて、努力する女性がもう少し報われやすいようにしていく必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

ともりあフェスタ2009

福田支所の3階に磐田市男女共同参画センター「ともりあ」があります。今日は3周年の記念フェスタで、市内の子育てや環境、地域を考える様々な団体で活動している皆さまが、掲示板や体験コーナーで、PR活動をしています。

同じ会派の川崎議員から「こないか!」とメールが入り、出かけて来ました。(本当は、誘われなくても行かないとね!!)
男と女が全く同じだとは思わないけれど、今、男社会の限界が来ているのも事実。相手を打ち負かして、自分と自分の家族を守ることから出来てきた社会は、今、成熟して、地球上の相手であれば、基本的に協力関係を築けるところまで来ている。
しかし、戦争と競争に明け暮れてきた私たちは、北朝鮮問題にしても中東問題にしても、協力ではなく、力と策略で解決しようとしている。

そうした観点からも、男女の分担を大きく見直す時代になっている。また、私たちのDNAも間違いなく、闘争本能を抑え、男女の違いも最小限にする方向で進化しているのではないかとも思う。

P1000450 P1000451 P1000453 P1000455 大きな話はその程度にしても、男女がそれぞれの違いを活かし、戦争や行き過ぎた競争のない、おだやかな社会を創っていく必要があると思います。
川崎議員も、もっと男性に来てほしい。活動してほしいと言っています。その通りです。まずは、地域から男女関係なく協力して(互いの長所を生かし補い合って)新しい、経済が豊だけでなく、文化的な生活空間・コミュニティ-を創る必要があると考えます。

珍しく写真を撮りました。「ともりあ」の3階は、ちょっと男性比率が少ないようですが、男女共同参画社会の縮図です。

なお、今日は妻が熱を出したので、帰ってから買い物・選択・食事の準備など、主夫を一通りやりました。たまにやる家事は、仕事よりも難しく、ちょっと楽しい・・・かな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)