子育て・育児

2016年8月 7日 (日)

行政の子育て支援のあり方

子どもを産み育てる。哺乳動物が地球上に現れてから現在まで続いている生物としての自然の営みです。
人間は、自給自足から分業という社会全体で生計を立てる方式を編み出し、現在の繁栄を勝ち取りました。しかし、その結果、多くの代償を払ってきたことは否めないように思います。
たとえば教育、多くの動物は春に子どもが生まれると、その年の秋には自立していきます。人間は分業を進めた結果、親から受けた教育だけでは自立できず、最低でも義務教育の9年を経なければなりません。
それだけでは十分とは言えず、ほとんどの子ども?が高校に進学し、その半数以上が大学の教育を受けています。が、それだけの教育を受けてもなお自立できずに、自分の力で生計を立てられない人たちが少なくないばかりか増加傾向にあるようです。
老後の支援にも言えますが、私は、親子が自分たちの努力で社会生活を送りことを基本として、努力の後押しや努力しても報われない場合の最低限の支援が行政のあるべき子育て支援ではないか?と考えます。
 
社会を成り立たせているのは税金です。同じように頑張っても、集団の中では報われない人も出てきます。税金を使って、最低限の生活を保障する社会保障と社会を維持するために必要な教育と公共事業を行うのが行政です。それが公平・公正に行われるよう優先順位を決めるのが議会、そのチェック機能が司法と役割を分担し政治が行われています。
 
税金に頼らず自分と家族の力で社会生活を行うことを基本にし、公共も行政ばかりに頼らず、出来るだけ住民が担うような社会にしていくことが、成熟した現代社会を維持していくためには必要不可欠ではないでしょうか?
8月の1日~3日と、所属する民生教育委員会で子育て支援についての先進地?視察を行ってきました。視察しながら、本来はどうあるべきか?を思わず考えてしまいましたので、上記に思いを綴ってしまいました。以下、備忘録として、視察の状況を列記しておきます。
Photo ①8/1:茨城県常陸太田市(”子育て上手 常陸太田”の取組み)
常陸太田市は、人口減少が進行するとともに、出生率も1.1と他市にに比べ低い。その危機感から、子育て上手を銘打った子育て世代への優遇策、UIJターンの各種施策を集中的に行っている。例えば「新婚世帯への家賃補助:2万円」「子育て世帯のマイホーム取得助成金」「保育料の補助」「おむつ代補助」「出産祝い」・・・等々
かなり踏み込んでいるが、当市の子育て世代の人口減少と高齢化の進行状況からは、高い危機感があることを実感した。
②8/2:茨城県我孫子市(放課後子ども教室:あびっこクラブ)Photo_2
首都圏のベッドタウン、共働き夫婦が多いという環境を踏まえた、放課後児童クラブと放課後子ども教室の一体的運営を行っている。市内13小学校のうち、すべての小学校で児童クラブを開設しており、待機児童はないとのこと。また、児童クラブに併設した放課後こども教室は、10校で開設済み、夏休み期間中も、すべての教室が開設しており、子どもたちの居場所として保護者からの評価も高い。職員体制等、かなり力を入れている。ベッドタウンという市の性格もあり優先順位も高いと思われた。
Photo_3 ③8/3:富山県富山市(子ども図書館、子育て支援センター)
子ども図書館と子育て支援センターが併設されており、相互の連携による成果を聞きたいと考えて期待していたが、残念ながら個々に運営されており、行政としての連携は少ないようであった。が、子どもや保護者にとっては、遊具と絵本が直ぐ近くにあるという立地は、大変好評と思われた。
なお、子ども図書館は、紀伊國屋による指定管理で運営管理されており、整然とした中に、子どもたちの使い勝手が配慮されたレイアウトは一考の価値があると感じた。但し、富山市は、路面電車などを使ったコンパクトシティーを試行しており、駅前の再開発ビルに立地した、この施設も、コンパクトシティー構想の一環に感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

子育てタクシー

健康なお年寄りと子どもたちの夢、成熟社会における次の発展に欠かせません。高齢者の健康寿命と平均寿命には10歳の差があります。10年間は健康でない老後を過ごしているということです。

医療や介護の世話になって暮らす期間は出来るだけ短い方が望ましい訳ですが、なかなかそうならないようです。子育てに目途がついたら自分の老後を自己責任で考えることが大切ではないでしょうか?

Photoそして子育て、私が子どもの頃は、3世代同居が当たり前。たくさんの家族の世話と家事で、お嫁さんは大忙し…といった状況でした。子育ては、空いている家族の役割でした。お嫁さんが家事をしている間、お爺ちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさんが面倒を見ていました。

今は、多くの家が核家族、家計もたいへんですから夫婦共働きをしながら子育てをする…、50年で子育ての姿は様変わりしました。地域社会で子育てをする…、こうした生活スタイルの変化によって子育ても変わらなければなりません。子どもは国の宝でもあります。社会の仕組みとして働きながら子育てが出来るように、知恵を絞ることが、今、政治と行政には求められています。

子育てタクシーの記事が掲載されました。これも一つの選択肢、選択肢をつなげて仕組みへと組み立てていくことが、これからの大切な仕事です。アンテナと意識を高く持ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

子ども子育て支援法について

昨日行われた11月定例会本会議の部長答弁で、子ども子育て支援法の施行日は、平成27年の4月1日~平成28年の3月31日の間になっていることが示されました。

不勉強で、来年の4月1日に新たな保育園・幼稚園・こども園の仕組みに変わることから、法的な措置も同時と勝手に思っていましたが、どうも、違ったようです。

ちょっとややこしいですが、当初は制度運用の財源になる消費税10%引き上げを来年の10月に予定していたため、来年度中の法律施行としたようです。

しかし、国からの地方自治体への指導は、来年の4月から新たな制度を運用するように…というものなので、磐田市も1年以上前から準備を進めてきました。おそらくほとんどの自治体が、同様の動きをしているため、国としてもキチンとした措置を講じると思いますが…。

さらに、消費税の増税を延期して国会解散…、子ども子育ての財源は不明のまま、総選挙に突入し、国からの指示や説明も止まっている状況にあるということです。

既に、来年度の園児の募集は進んでいます。大切なのは、子どもや保護者の皆さんが不安にならないようにすることです。
いずれにしても磐田市では、現在計画している来年度の新たな仕組みをしっかり運用していくことを明確にしています。保育士さんへの説明会もキチンと行い、保護者の皆さんの問い合わせに対応していく予定です。

国会はドタバタしていても、政府は動ぜず、しっかりとした行政執行を行っていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

発達支援

2014 磐田市の発達支援が徐々にですが充実しつつあります。市長の所信表明では、子育てなら磐田を目指す!としていますが、現実は、まだまだ市民のニーズに応えられる状況にはありません。

しかし、組織として子育て支援の充実に向け、着実に歩み始めたことは確かです。本年度から新たに「こども部」が発足。形から入ることが必ずしも良いとは思いませんが、市民・職員の双方に意思を伝える意味では明確な手段と言えます。

その「こども部」に発達支援室を独立して設置し、充実を図ってきた発達支援センター「はあと」をはじめとして、市内の施設、保育園・幼稚園全体のマネジメントを行う体制となりました。

自分の子どもが社会に適応できる標準的な発達をしているんだろうか?両親や親族と離れ、磐田市で暮らし、共働きで子どもを育てる世代の多くは、自分の子どもの育ちに不安を抱えています。

働く場所を全国に求めなければ、なかなか就職できない現代社会において、3世代同居で子育てが出来る家庭は少なくなりました。不安を解消したり、きちんとした医療や療育が必要であれば、そうした対応を社会として行うことが求められています。

もちろん、Uターン政策や同居が出来るような社会構造を模索することも必要と思いますが、ヨーロッパ先進国では、社会で子育てをすることが当たり前になってきている前例を考えると、日本においても、子育ての社会システム整備は待ったなしと思われます。

昨日、発達支援の勉強会で、発達支援センター「はあと」では、相談者が増え、対応しきれない状況であることを聴きました。発達の課題を抱える子どもが増えたわけではなく、支援センターの情報が行き渡ってきたことが要因とのことでした。

しばらくは、大変と思いますが、仕組みが出来始めた今が正念場です。出来る限りの支援をしていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

放課後等児童デイサービス

Dscn2579_800x600 ヤマハ発動機の子会社「ヤマハサポート&サービス㈱」の皆さんが、チャリティ募金で集めたお金を寄付するということで相談を受け、以前から気になっていた放課後等児童デイサービスの施設「サンサンキッズ」に教材や遊具を贈ったらどうかと提案したところ、昨日、贈呈式を行う運びとなりました。

放課後等児童デイサービスは、障害児のための放課後児童クラブです。サンサンキッズは、支援学校や支援学級に通う子どもたちを、親が仕事を終えるまで預かる場所です。働く親御さんが増え、空きを待っている子どもたちも多いとのことです。

両親ともに働かないと暮らしもなかなか楽にならない時代です。障がいのあるなしに関わらず、こうした施設が整備され、安心して働ける環境を作っていくことは、今後ますます重要になると思います。

よく話を聞きながら、行政の支援や法整備のあり方について、しっかり考えなければと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

特別支援教室

特別支援教室の見学をしました。数人の児童と先生の関係は、私が子どもの頃の小さな学習塾のようです。

東部小学校には3クラスの支援教室があります。また、外国人クラスもあります。磐田市の東部地域は、工場へ働きに来た人の子どもたちがたくさん住んでいます。日本で生まれても、家庭ではポルトガル語などで会話しているため、日本の社会で暮らせるだけの国語の力はつかないようです。

磐田市では35人学級を早くから進めていましたが、授業についていけない子どもたちもたくさんいます。知的や発達の障がいを持った子どもたち、日本語がうまく読めない、書けない子どもたち…

社会に出て自立できるようにすることが、義務教育の目的。知的な障がいで、授業についていけなくても、立派な大人として、一生懸命仕事をしている人たちがたくさんいます。

自立するための教育と、生活し働ける場と援助の仕組みを、別々ではなく総合的に考えていく時期ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

発達支援

幼稚園や小学校に入っても、なかなか集団行動に適応しない子どもたちを支援する発達支援が重要になってきています。

磐田市でも、発達支援センター業務の強化と体制整備を進めています。一方で、そうした子供の成長を手助けするための療育施設の必要性も高まっています。

Dscn1776_800x600その一つ、昨年から児童ディサービスを始めた「まめの木」さんに、ヤマハ発動機労働組合の本社支部と本社工場支部の代表が訪問し、ヤマハファミリージャンボリーのチャリティバザー売上金を寄贈。

私も立ち会いましたが、子どもたちの笑顔がうれしいですね。是非、健康に育ってください。私たち大人は、様々な個性や違いをキチンと受け入れられる社会をつくっていくために、一層の努力をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

待機児童

統計によれば磐田市は、浜松市、静岡市に次いで待機児童の多い自治体のようです。保育園の定員を2011年、2012年で、合計180人増加してきましたが、それでも待機児童は減るどころか、増加傾向が続いています。

磐田市の子どもの数は、この5年間、1歳あたり1450人から1500人で推移しています。3歳児以上の保育定員は、幼稚園を含めると全体では十分余裕があります。

それでは、なぜ待機児童が減らないのでしょうか?

磐田市の企業には、全国から人が集まってきます。結婚し家庭を持ちますが、その多くは共働きです。「二人で働かないとやっていけない」「生きがいやキャリアのためにも仕事を離れる時間を短くしたい」様々な理由があり、預ける時間の長い保育園を選択し、3歳未満から預ける家庭が増加しています。

Photo3歳未満児の保育ニーズが急増していること、幼稚園から保育園へとニーズが移動していることに、制度や施設が対応できないのが現状です。

この4月から、磐田市でも認証保育園制度を導入することになりました。これまで、国の認可を受けることが出来なかった小規模だったり独自の保育方針を持つ保育園の内、市の決めた基準をクリアできれば、市の支援や情報が共有できるようになります。

基準の第一は「0歳児から受け入れ可能であること」です。この認証保育制度の導入をきっかけに、幼少のお子さんの保育に対し、磐田市全体の関心と支援の輪が広がることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

子育てを考える

ある方から、市としての保育園の支援体制について問題提起をいただき、7月くらいから情報収集を始めました。

磐田市には、23の公立幼稚園、3つの私立幼稚園、9つの公立保育園と14の私立保育園の他、9つの認可外保育園などがあります。“など”と書いたのは、それ以外の保育施設は、行政が把握していないためです。

さて、磐田市には統計上50人弱の待機児童がいます。しかし、保育園を利用したい親御さんは、たくさんいます。磐田市ではH23からH24にかけて、90人の保育定員を増やしました。しかし、待機児童の数は、ほとんど変わりません。現在も増員のための工事が2園で行われています。しかし、結果は待機児童数減少にはつながらないと担当課も考えています。

では、待機になっている子どもは、どうしているのでしょう?多くは、認可外保育所や、一時預かりを利用しています。また、市外の保育所に預ける方、もちろん待っている方もいらっしゃるはずです。

Dscn0668_800x600少子化が進む中で、核家族化が進み、子育ての親から子への継承が途絶えてきています。文字通り、子どもを社会で育てる必要があります。しかし、行政が丸抱えしてしまっては、税金をいくら上げても間に合いません。民間の運営を行政が管理するという仕組みを根付かせることが必要と考えます。もちろん、保護者には、所得やニーズによる応分の負担をしてもらう仕組みも必要です。

当面の対策として、磐田市ではまだ採用されていない認証保育所制度により、認可外の保育所も含めて、市内全体の保育実態を管理し、保育ニーズを把握するよう要請し、その方法などの提案もしています。

先日、ある保育園の園長先生にお話を伺いながら、自分の考えも聞いていただきましたが、できるだけ実態を把握しながら、将来を見据え且つ現場に叶う提案をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

うさぎ山フォーラム

子どもを自然の中で元気に育てようと集まった仲間「うさぎ山を楽しむ会」主催の「うさぎ山フォーラム」が1月28日(土)13:30から行われます。当日参加で構いませんので時間があったら是非参加してみては?

2012_2 

今日、会合があり、当日の打ち合わせをしました。そういう私は当日用事があるので参加できませんが、子育て中のお母さんと会社を終えた昔の青年ほか…が集まっての話し合いは、組織の会議とも自治会の会合とも違った楽しさがあります。

次世代に自然環境と夢や希望を引き継ぐのは現役世代の責任です。楽しみながら考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)